筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

静宜大学(台湾)

志間 遥希 さん (アジア文化学科)

九州産業大学付属九州産業高校(福岡)

台湾に戻ってきて新学期が始まるまで
Sep . 2016
6月末から始まった2ヶ月の夏休みがあっという間に終わり。今月5日に台湾に戻ってきました。

福岡より暑いと思ってたのですが、雨の影響でクーラーをつけずに生活できるのですごく快適です。

最初の二日間は、大学から先輩が来て、台中郊外を回りました。私がまだ行ったことのなかったのですごく楽しかったです。
3日目からは、授業がないので部屋でルームメートと話したり、買い物にいったり自分の生活を楽しみました。この2ヶ月で、だいぶ中国語の力が落ちてるのではないかと不安でしたが、いまのところ困らずに生活できています。夜は、先学期からお世話になっている台湾人の子とご飯にいったりして中国語を使う機会も日に日に増えて、忘れていた単語も思い出しつつあります。
大学の授業は12日から、語学センターの授業は19日から始まるので、台湾にきてから一週間フリースケジュールです。9日に授業決めがあり、初めてそこで今回留学にきた日本人と会いました。人数も前回同様な気がします。今回も、語学センターと大学の両方の授業をとるので、またどこまで語学力がのばせるか、楽しみです。語学センターの授業内容も変わり、私が次に受けるレベルの授業のクラスがないため2つ上のレベルのクラスで受講することになり少し不安です。でも、これもチャンスだと思ってプラスにしていきたいです。大学の授業は、前回の学期とほとんど内容が変わらないので少しでも多く中国語の授業を受講しようと考えています。

先学期は、中国語になれる4ヶ月。今学期は、中国語ための4ヶ月として頑張りたいです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る