筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学(中国)

渋谷 優花 さん (アジア文化学科)

八幡南高校(福岡)

半年が経って 
Sep . 2016
中国の夏は、日差しに人々の熱気が加わり更に熱く感じます。バスは空調が無いのもあるので、‘熱死了’という言葉をよく耳にします。また、男性は当たり前のように上半身裸で歩いています。

 高级クラスの授業は、毎日討論形式です。それも辞書に載ってない故事が次々に出てくるので、聴き取りを理解するのに時間がかかり、自分の意見を言うタイミングを逃してしまうことが多々ありました。約3週間、このクラスで学び、自分の中国語はまだまだだなと痛感しました。先生や同級生が私に意見を尋ねてくれると答えることができるので、もっと自分から主張していくことが次の課題です。最終日には、先生を含め皆でご飯を食べに行き、短期間でも思っていたより仲よくなれて嬉しかったです。今月は、文化講座で中国料理を作り食べました。たくさんの調味料と大きな鍋で作る本格的な中華料理は想像以上に大変でした。作った後に料理を囲み、皆でお話をしながら食べていると、日本の話になり、歴史や料理、アニメなど日本は世界中で人気があり凄いなと思いました。オリンピックの話でも盛り上がり楽しい時間を過ごせました。

 8月中旬に今年6月にオープンした上海ディズニーランドに遊びに行きました。もの凄く暑かったですが、日本ほど人が多くなく、特にキャラクターと写真を撮ったり、ショーを観たりはあまり人気が無いようで楽しむことが出来ました。列の並び方やトイレ、ゴミなど気になる点もありましたが、改めて日本と中国の文化習慣の違いを実感でき、面白かったです。スッタッフさんは皆英語が話せてさすがだなと思いました。アトラクションやショー等は日本より進化していて、本当に行けてよかったです。

 半年が経ち、振り返ってみると、最初は何事もビクビクしていたけど、今は1人で観光や買い物に行き、値段交渉もスムーズに上手くできるようになりました。リスニング力はだいぶ成長できたと思うので、後半は苦手な発音を克服し、自分の意見をもっと発言していきたいです。留学前は人見知りを心配していましたが、多国籍の友達ができ、文化習慣の違いや考え方の違いなど、たくさん学ぶことが出来ました。日本は大人気で、日本食が美味しい・衛生的・親切など嬉しい言葉をたくさん聞けて嬉しかったです。実際に半年振りに一時帰国してみると、日本の海や山の美しさ、街の静かさ、店員さんの親切で丁寧な対応、生ものを安心して食べる事ができるなど今までは感じたことが無かった日本の良さに感動しています。一時帰国の間にたくさんリフレッシュする予定です。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
トップページへ戻る