筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

仁川大学(韓国)

竜口 侑子 さん (アジア文化学科)

宗像高校(福岡)

学祭!!!!!!
Jun . 2016
5月下旬から半袖で過ごせるようになり、やっと夏らしくなってきました。

 さて、仁川大学では5月16日(月)から19日(木)まで学祭がありましたが、韓国と日本の学祭の違いをいくつか感じました。まず、韓国は学祭期間中でも普通に授業があることです。この4日間は勉強のことを考えずに楽しみまくる予定だったのでとても驚きました。授業中に外から爆音で音楽が聴こえてきたり、学祭を楽しんでいる人たちの声が聞こえてきたりと大変でしたが、授業の合間や終了後に学生は屋台や模擬店、特設ステージでダンスや歌を披露する学生もいて、参加する人数も賑やかさも韓国のほうが勝っていて本当に楽しいです。また、屋台や模擬店のレベルが高いです。敷地内にたくさんテントが張られていて学部ごとにするようなのですが、サムギョプサルやキンパ、チヂミ、ヤンコッチ(羊肉)、ハンバーガー、日本食(お好み焼き・うどん・おでん…)、ワッフル、綿菓子など本当にたくさんの食べ物が売ってあります。クラブを見つけたときは、さすが韓国だなと感じました。また、屋台は深夜2時まであり、ビールや焼酎が販売されていることも新鮮でした。日本は20歳にならないと飲酒できませんが、韓国は数え年で19歳から(法律的には高校卒業と同時に)飲酒可能です。つまり、韓国の大学1年生は19歳なので、学祭でお酒を販売しても大丈夫なのです!深夜2時頃になると、学内は酔っ払った学生ばかりになります。特に最終日の盛り上がりはすごく、私もだいぶ気分がよくなって走りまくった結果、溝に落ちて大きな青たんが2つできましたがこれもいい思い出です。ちなみにまだ少し痛いです。そしてなんと言っても、韓国の学祭におけるメインイベントは歌手によるステージでしょう!今年は、前夜祭にユ・スンウ、1日目にP-Type、2日目にシン・ヨンジェ(4MEN)、3日目にユナ(윤하)、ビンジノ、PSY、4日目にホン・デグァンが来ました。中でも3日目は本当にすごかったのですが、特にPSYのステージの盛り上がりは尋常ではなく、歌って跳ねて叫んで、みんな汗だくでした。この4日間は、溜まっていたストレスの発散や日本ではできない経験をすることができ、心底楽しかったです。

 ついに来週は期末試験があり、1学期が終わります。2月下旬に渡韓してからもう3か月以上経つのかと、時の流れの速さに驚いています。この3か月があっという間だったのは、毎日有意義に過ごすことができ、充実していたからだと思います。今までの勉強の成果を出して、無事に1学期を終えたいと思います。
3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10
トップページへ戻る