筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

上海杉達学院(中国)

笠 小春 さん (アジア文化学科)

久留米高校(福岡)

妹がやってきました
Jun . 2016
5月は暑い日が続きましたが、報告書を書いている今はじめじめとした雨が続いており、上海に梅雨が訪れたようです。梅雨が訪れたことでいきなり寒くなったり暑くなったりと気温の変化が激しいので身体を壊さないように自己管理に気を付けたいと思います。

 5月になり、イエメン・アフリカ・エジプトから新しい留学生が加わりました。また、アメリカ・カナダ・タイからも大勢の短期留学生が杉達に来たので、寮がとても賑やかで一人わくわくしています。新しい留学生が加わったことでクラスは活気に溢れています。また、以前は留学生が少なかったこともあり、あまり交流をしていなかったのですが、新しく留学生が来たことで今までよりも交流ができており、とても楽しいです。料理をもらったり雑談をしたりしてとても楽しいです。しかし、私の語学力が未熟なためうまく伝えられず、悔しいことも多々あり、更に勉強をしなければならないと彼らは思わせてくれます。会話をすることでいい刺激を受けていると思います。

 4月29日〜5月2日に妹が上海に遊びに来てくれました!妹と私の二人だけで豫園・外灘・田子坊・上海動物園などの観光地を訪れました。中国の友達がいない状態で地下鉄に乗ったことがなかったので、とても心配でしたが、お店の人の言葉を大体理解することができ、無事楽しく観光を終えることができました。しかし、理解できても言葉がうまく出なかったり発音が悪く伝えられなかったりし、とても悔しかったです。語彙力と発音を今以上に鍛えようと思います。ですが、自分の力で観光できたことは私に自信を与えてくれました。これからもがんばりたいと思います。

 5月は文化月間でした。5月初頭には上海科技館というところでボランティアをし、また、5月は学校で週に1,2回の割合で何かしらの発表会が行われており、よく鑑賞しに行きました。劇などは普段触れることのないテーマに触れることができ、とてもいい勉強になりました。日本語学科の発表会では日本語学科の学生がすべて日本語でスピーチをするのですが、テーマが難しいうえに正しい敬語を使っており、大変驚きました。先生達の質疑も日本人の私ですらすぐには答えられないような難解で鋭いものばかりだったのに学生たちは答えていたので本当に頑張って勉強したのだと感心させられました。彼らを見習わなければならないと思いました。

早いもので留学生活が三か月も過ぎました。私は残り約二か月しかないので一日一日を大切に生活したいと思います。半年という短い留学生活ですが、たくさんのことを学んで帰ろうと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る