筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

東亜大学(韓国)

田中 愛莉 さん (アジア文化学科)

中村学園女子高校(福岡)

約一か月の休みが始まりました
May . 2016
留学に来てから2か月が過ぎました。4月には満開だった桜も散り、釜山もどんどん暖かくなってきています。先日は語学堂で一学期最後の期末テストが終了し、修了式を終えて、3週間ほどの約1か月の休みが始まりました。

最後の期末テストでは中間テストで苦手だと感じた部分を中心に勉強にとりくみました。中間の範囲も含めて試験範囲だったので少し大変でしたが、2回目ということもあって前回よりは落ち着いてテストを受けることができたと思います。特に苦手だったライティングは期末テストで点数を伸ばすことができたのでよかったです。それでも他のテストに比べたら点数が良くないので、もっともっと練習することが必要だと思いました。先生から、たくさん文章を書いて韓国語の本を読むことが大事だとアドバイスを受けたので、次のテストでもっと点数を取れるように頑張りたいです。そして夏学期からはひとつ上のクラスに行くことになりました。今よりも難しい内容になるので気を引き締めて頑張りたいです。

語学堂のテストとは別に学部のテストも受けました。韓国の大学生が実際に受けるテストを受けてみてとても新鮮でした。一番日本との違いを感じたのは韓国の大学生は日本の大学生よりもテストに対する意気込みがすごいということです。普段はあまり利用されていない自習室などにもたくさん勉強している人がいて驚きました。そして大学自体も、テスト期間に無料で食料を配布したり、寮生に無料でパンやラーメンを配ったりして驚きました。こういう光景を見て、日本にいたときは全然勉強していなかったのだなと痛感しました。韓国の学生を見ていると自分の勉強量の少なさに気づかされ、とても刺激を受けます。ただ授業で韓国語を学ぶことだけではなく普段の生活や文化の違いを知りながら学ぶこともたくさんあるのでもっといろんなことを吸収したいと思います。
修了式の後にはクラスのみんなでご飯に行きました。次の学期ではクラスが変わるので本当に残念です。ほとんど中国人で最初の頃には全然慣れなかったクラスにもすっかり慣れて、何度か皆でご飯に行ったりもしてとても仲の良いクラスでした。皆優しくてなかなか話せなかった私に声を掛けてくれて、本当にこのクラスで良かったと思うまでになりました。いろんな国の人と交流する楽しさと、異文化を知ることの楽しさを学ぶことができました。修了式が終わり、夏学期が始まるまで一か月ほどの休みとなりますが、これまで習ったことを忘れないように、そして次のクラスに向けて復習をしっかりして気を緩めないようにしたいと思います。
 
この一か月間、週末には韓国人と海に行ってチマチョゴリを着る体験をしたり山登りをしたりしました。せっかくの長い休みになるので休暇期間ももっと新しい場所に行ったりしていろんな経験をしたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る