筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

仁川大学(韓国)

竜口 侑子 さん (アジア文化学科)

宗像高校(福岡)

1学期も残すところ1か月半となりました
May . 2016
 5月に入り寒さから解放されると思いきや、まだ肌寒く感じる日々が続いています。仁川大学が位置する松島(ソンド)は海に面しているので風も強く、夜は特に冷え込むのでつらいです。韓国では5月5日は日本と同じく「こどもの日」で祝日なのですが、今年はこどもの日が木曜日だったので急遽一週間前に6日(金)が「臨時休日」になることが発表され4連休となりました。突然のことで驚きましたが、私は月曜日が全休なので5連休となり、たくさん寝て、たくさん音楽も聴いて、ショッピングもして、ジムで運動もして、大いにリフレッシュできたと思います。

さて、不安だった中間試験も無事に終わりました。韓国語の授業はお二方から教えていただいているので、試験も2回ありました。中間試験の内容はどちらとも쓰기(writing)だけだったのですが、思ったよりも簡単でした。とは言っても、試験中に「これ何だっけ…何て意味だっけ…」と悩んだ単語がいくつかあり、自分の単語力はまだまだだなと感じました。試験の結果は基本返されないようなのですが、ある教授は試験結果を見せながら、間違えたところを個別で訂正してくださいました。私は2ミスで教授からも褒めていただきましたが、2つとも凡ミスだったのでとても悔しかったです。期末試験は쓰기(writing)に加えて듣기(listening)も말하기(speaking)もあるようなので、今まで以上にしっかり予習・復習をして挑み、試験中に悩むこともなく満点を取って1学期を終えたいと思います。

 4月は友達が増えたこともあり、よく遊びました。3月までは本当に寮にこもっていたのですが、週末は外に出かけるようになり、友達とチムジルバンという韓国風サウナに行ったり、カラオケに行ったり、コプチャンやボッサムやピンスなど美味しいものを食べに行ったりもしました。出かけるとバスや電車の中、道や店内で韓国語が自然と耳に入ってきてリスニング力が上がるし、友達との共通語は韓国語なので自然と会話力も上がり、最近、自分の韓国語能力の成長を感じることが増えたように思います。また、他の大学から来ている日本人とも仲良くなり、相談に乗ってもらったり、一緒にご飯を食べたり、ショッピングに行ったりと、多くの時間を共有しています。異国に住んでいる以上、不安や悩みは付き物なので、このように相談できる日本人が近くにいることはありがたいことだなと感じています。

 気づけば1学期も残すところ1か月半となりました。起きて授業を受けて勉強をして息抜きして寝て、という一日のスタイルは変わりませんが、やはり異国での毎日は新鮮で、特に4月以降は楽しいことも多かったので時間が過ぎるのがとても早かったように思います。残りの時間も有意義に、楽しく過ごしたいと思うとともに、もっと貪欲に勉強に励んでいきたいと思います。また、5月中旬には学祭が行われるので、思う存分楽しみたいと思います。
4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10
トップページへ戻る