筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

東亜大学(韓国)

和田 ひかり さん (アジア文化学科)

光陵高校(福岡)

釜山にきて一カ月が経ちました
Apr . 2016
韓国にきて早くも一カ月が経ちました。東亜大学や韓国の生活にもだいぶ慣れることができ、最近はとても楽しく過ごしています。授業が始まって一カ月ほどたち中間テストがありました。テストは韓国語の教科書1冊分が範囲で文法、読解、speaking、writing、listeningすべてありました。結果を見ると自分はwritingが、あまりできていなかったので期末テストまでにしっかり勉強しようと思いました。

今回は私たちが受けている授業について詳しく書こうと思います。東亜大学の語学堂は1コマ50分の授業が一日に4コマ行われています。私のクラスは二人の先生が毎日2コマずつ授業を行いますが、クラスによって二人ではなく複数の先生が授業を行っているところもあります。語学堂では文法や会話、リスニング、文章読解をまんべんなく学ぶことができるシステムになっています。もちろん授業はすべて韓国語で行われますが私のクラスの先生は二人ともとても優しくわかりやすく韓国語を教えてくれます。わからない文法や単語があっても生徒がしっかり理解するまで丁寧に説明してくれます。授業の進むスピードもちょうど良いと私は思います。私たちのクラスには中国人、ベトナム人、モンゴル人、日本人がいます。ほとんどのクラスメートが明るく積極的なので毎日楽しく授業を受けることができています。そしてクラスメートはみんな優しいので毎日お菓子をくれたり、日本の文化や日本語を教えてほしいと言ってくれたり、お互いの日常の会話もたくさんします。最初に比べて、先生も生徒もみんなお互いの性格を分かり合えるようになったので、今はクラスの雰囲気もとても良く冗談を言い合ったりして授業がおこなわれています。多国籍のクラスメートと一緒に授業を受けるという機会は日本の大学に通う中ではめったにないと思うので、貴重な時間を大事にしたいです。

 週末は韓国人の友達や日本人の友達とみんなで少し遠出をしたり、行ったことのない地域にたくさん行ったりしました。来た頃はまだまだ寒かったですが最近は釜山もだんだん暖かくなってきたので、もっといろんなところに行きたいと思います。

 韓国にきて一カ月経ちましたが、時間が過ぎていくのが本当にあっという間でまだまだやりたいこと、やらなければいけないことがたくさんあるので、残り短い期間しか残ってないですが、たくさんのことを進んで経験しようと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る