筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

東亜大学(韓国)

田中 愛莉 さん (アジア文化学科)

中村学園女子高校(福岡)

一日一日を大事にしたい留学生活
Mar . 2016
 釜山に留学に来て一週間が過ぎました。日本にいるときとは全く違う環境で、とても濃く新鮮な日々を過ごしている気がします。釜山に到着したときはこれからの留学生活に不安もあり心配なことも多かったです。初めの頃はいろいろな申請をしたりクラス分けのテストを受けたりして毎日毎日やらなければいけないことが多く、忙しい毎日でした。気付けば一日が終わっていて時間がとても早く感じられる日も多かったです。そして、言葉の通じない場所で生活していくことの大変さを実感するとともに、慣れない環境で過ごすことに少し苦労しましたが、一週間を過ぎると少しずつこちらでの生活にも慣れてきました。釜山に到着してからは韓国人の学生が私たちのバディーとなってくれて、授業の申請や口座の手続きなどいろいろなことを手伝ってくれました。おかげで安心して留学生活をスタートすることができました。

 授業は様々な国から来た学生たちと一緒に受けています。初めはそれぞれの国の文化の違いを感じ、この環境の中で本当に自分が半年間頑張れるのかなと不安に思うことも多かったです。慣れるのに少し時間はかかりましたが、他の国から来た学生と話したりして少しずつ慣れてきていると思います。そしてこのような環境で授業を受けるのは最初で最後であると思うし、とても貴重な経験が出来ているのだなと実感して、もっと頑張ろうという気持ちが強くなりました。授業はすべて韓国語なのでお互い出来る限りの韓国語を使って自分の伝えたいことを言ったり、会話の練習をしたりしています。他の国の学生たちと会話をするときに、伝えたいことが頭に浮かんでもなかなか言葉にすることが出来ず、自分の勉強の足りなさを毎日痛感しています。先生は私たちが理解しやすいようにゆっくりと説明してくれて、分からないところは何度も教えてくれるので、もっと授業中に積極的に発言をして自分の伝えたいことを韓国語で上手く伝えられるように頑張らなければいけないと思います。

週末は友達と南浦洞や西面へショッピングしに出かけたり、ご飯を食べに出かけたりして過ごすこともあります。特に学校や寮の周りには学生街ということもあり安くて美味しいお店やカフェなどがたくさんあるためとても助かります。最近では学校の近くで釜山の有名な食べ物であるテジクッパを食べに行きました。これから半年間、もっと釜山の有名な場所に行ったりして韓国の文化もたくさん学びたいと思いました。まだまだ留学生活は始まったばかりですが、一日一日の時間を大事にして、後悔のない留学生活を過ごしていきたいと思っています。
 
 
2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る