筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

東亜大学(韓国)

和田 ひかり さん (アジア文化学科)

光陵高校(福岡)

留学生活はじまり
Mar . 2016
 韓国の釜山にある東亜大学に来て約10日が経ちました。正直まだまだやらなければいけないことがたくさんあり、あまり落ち着くことができていません。最初の1週間は本当に忙しく、一日一日がとても早く感じられました。そのような中で困ったことがあった時は、Buddyの人たちがたくさん手助けをしてくれました。こんなに長い間海外にいるのは初めてで最初は不安しかなかったけど、Buddyのおかげで心配することなく日常生活を送ることができています。

 私の語学堂のクラスは16人ほどで行われています。ほとんどが中国人で他にベトナム人、モンゴル人、日本人です。その中の10人以上が半年前から先に来ていて、その時から先生も生徒もずっと同じクラスだったみたいなので、クラスの仲がとても良く初日は驚きました。そのようなクラスになじむことができるのか不安でしたが、クラスの子がよく話しかけてくれたりお菓子をくれたりするのでとても楽しく過ごすことができています。

 授業は一日4コマで、すべて韓国語で行われます。始まったばかりの時は少し不安でしたが、先生の発音や教え方がとてもわかりやすく、すぐに不安は消えました。わからない単語があるときも、先生に聞けばとてもわかりやすい例えを使って教えてくれます。クラスメートのみんなはよく発表したり、その場で先生に質問をしたりします。暗唱するときの声もとても大きくみんなすごく積極的です。これに負けないように授業に挑もうという意気込みで受けています。

 休みの日や時間があるときは、筑女の子やBuddyの子、他の大学から来た子たちと買い物に行ったりご飯を食べに行ったりしています。まだ韓国にきてあまり日にちが経っていないので日用品を買いそろえたり、化粧品や洋服を見に行ったりしています。今後の週末には釜山観光もしたいと考えています。寮では授業の予習復習や、ルームメイトの子と一緒に二人で韓国語の発音の勉強をして過ごしています。

 まだまだ留学生活は始まったばかりなので、慣れないことも多いですが毎日楽しく過ごすことができています。残り5カ月ほどしか時間が残っていないので勉強も頑張って残りの留学生活を充実させていきたいです。

 
 
2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る