筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学(中国)

渋谷 優花 さん (アジア文化学科)

八幡南高校(福岡)

天津での留学生活が始まって
Mar . 2016
 天津に来て2週間が経ちました。一人での渡航で、大連での飛行機の乗り換えもあったので不安でしたが、グランドスッタッフの方に何度も訪ねて無事に到着できました。両替と入寮手続きはガイドさんと一緒にしたのでスムーズに終わりました。入校手続も、慣れてない中国語だけの世界に戸惑っていると、半年前から南開大学に滞在している日本人の方が手伝って下さり、本当に助けられました。
 授業が始まるのが1週間後だったので、それまでは友達も出来ず、何をしたらよいかも分からずに、1人で広い校内を散策するか部屋に閉じこもっていました。すると、ウズベキスタン人のルームメイトや日本人の方が、食事に誘ってくれたり、バスやタクシーの乗り方を教えてくれたりして、生活の送り方を知ることが出来ました。今では、1人でバスに乗って買い物に行っています。

 授業は小班で会話の練習をした後に、大班で文法を習います。私のクラスは日本人が居らず、半分が韓国人です。また、他の国々の方たちは英語ができるので、まだ中国語で会話が続かない現在、授業以外は韓国語か英語しか聞こえません。どちらも出来ない私は、友達作りに苦戦しましたが、自分から積極的に話しかけるように心掛け、少しずつ友達が増えてきました。最近は皆に韓国語や英語を習っています。自分の思っている事が上手く伝えられず、悔しい思いをしているので、どんどん語彙力を増やしていきたいです。授業中でも、皆は韓国語や英語で教え合っています。なので、私は予習と復習を欠かさずに行い、重点や課題を聞き逃さないように凄く集中して授業を受けています。頻繁に作文の課題や小テストがあり、まだ慣れてないので苦労しています。

 天津での生活は思っていたよりも快適です。学校内にもたくさんのお店があり、食堂も充実しています。少し外に出ると、ショッピング街や屋台なども多いです。この2週間は、体を慣らすことを重視して、屋台などは避けていたので、これから少しずつチャレンジしていく予定です。また、人の優しさを実感しました。店の人はメニューの読み方を何度も教えてくれたり、紙に書いてくれたりします。学校の先生もゆっくりと合わせて話してくれるので分かりやすいです。友達も、私が中国語、英語、ジェスチャーをフル活用して伝えようとしている事を一生懸命理解してくれます。初めの1週間は本当に全てが怖くて、長い留学生活が心配になりましたが、今は毎日、新たな発見をし、楽しく生活できています。自分から積極的になれば、たくさんの人と関係が持て、さまざまな経験が出来ることに気付きました。まだまだ始まったばかりなので、体調に気を付けながら、もっと天津での生活を満喫していきます。
 
 
6 | 7 | 8 | 9 | 10
トップページへ戻る