筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

東亜大学(韓国)

小原 依子 さん (アジア文化学科)

九州産業大学付属九州高校(福岡)

釜山に来て約1週間
Mar . 2016
釜山に来て1週間とちょっと経ちました。初日から毎日することが多くて1人で生活したことがない私にとっては、難しいことがたくさんありました。そして失敗をたくさんしながら日々を送っています。この生活が始まって感じたことは、今までどれだけ両親に助けられて甘えて過ごしていたかということです。留学を出来る機会を与えてくれた両親にとても感謝していましたが、更に感謝の気持ちが増しました。

留学するにあたって不安だった人見知りに関しては、友達が出来るか不安でしたが、ラオスから来た人や中国からの留学生とも仲良くなれて楽しく授業を受けています。まだ、上手く韓国語を話すことはできませんが、頭をフル回転させながら何とか会話出来るのですごく楽しく感じます。もう1つ不安であった食生活については、寮では自炊が出来なくて冷蔵庫も自分で買わないとないので困っています。毎日外でご飯を食べていますが、栄養のバランスを考えながら、食べるのはこれほどにも難しいこととは考えてもいなかったので、毎日苦戦しながら過ごしています。旅行のときには利用しないマートに行って買い物をしてみて、今まで地元の生活に触れながら生活するのは、新鮮で楽しいです。

 私が釜山に来て驚いたことは、ソウルとは違って訛りがあり、イントネーションがあることです。初日に聞いたときは違和感がありましたが、今ではだいぶ慣れました。まだ、おじさんおばさんが話す韓国語は、訛りが強いので未だに聞き取りが出来ません。半年後、帰国する時には、聞き取れるようになるくらい上達させたいです。大学の授業の時間割も日本とは違って学部の授業を決めるときとても苦労しました。私の場合は、朝9時から夜9時45分まで学校にいる日があります。筑女に通っていた頃には考えもしなかった時間まで学校があって、とても驚きました。

 今週から学部の授業が始まったばかりなのでこれから慣れるまでは大変とは思いますが、少しでも早く慣れて、日本人ではない友達を増やして、充実した留学生活を送れるようにしたいです。

 
 
2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る