筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

ヴィサヤ大学

渡辺 晶子 さん (英語学科 )

筑紫高校 (福岡)

語学学校での授業も残り2日となりました
Feb . 2016
 日本を出発してから、あっという間に6カ月が過ぎました。語学学校での授業も残り2日となり、いよいよ留学生活も終わりに近づいているのだと実感する毎日です。この留学報告書も今回が最後となります。最後の報告書では、半年間の留学生活を振り返りたいと思います。

今回の留学では、日本では決して体験できないことを沢山経験し、英語だけでなく様々な事を学ぶことができました。初めて異国の地であるフィリピンに降り立った時は、カルチャーショックを受けたことを今でも覚えています。約5カ月、現地の大学にも週2日通い、良くも悪くも日本とフィリピンの教育内容や教育方法の違いを学ぶことができました。また、現地の学生とも交流することができ、貴重な経験になりました。

語学学校では、国籍、年齢、職業が異なる様々な人々と出会い、人生の教訓となるものを沢山教えてもらいました。フィリピン人の先生方もとても親切で、毎回熱心に授業をして下さり、楽しく英語を学ぶことができました。私の場合は、入学してから今まで自分の意思で先生を変更したことが一度もありません。他の友達や先生にこのことを伝えると驚かれるのですが、本当に素敵な先生方に恵まれていたのだと思います。最近は、先生と半年間の生活を振り返ることが多いのですが、先日ある先生から、「半年間自分を信頼して自分の生徒でいてくれてありがとう。」といわれた時は、胸が熱くなりました。語学学校での授業は残り2日となりましたが、QQEnglishはオンライン授業も展開しているので、日本に帰ってからもオンライン授業を受講して、英語の学習を続けていきたいと思います。

今まで数多くの友達の卒業を見届けてきましたが、いよいよ次は自分の番です。正直、卒業をするのが名残惜しく、あと2日で語学学校での授業も終わると考えると寂しいです。この半年間は、自分の人生の中で、最も充実していた毎日だったといっても過言ではありません。素敵な先生方、スタッフの方々、友達に恵まれて、毎日充実した生活を送ることができました。また、家族、日本の友達、国際交流センターの皆様のサポートがなければ、今回の留学は成功しなかったと思います。支えてくださった皆様には、本当に感謝の気持ちで一杯です。

語学学校はあと2日で卒業ですが、帰国まではまだ日数があります。残りの日々も精一杯楽しみ、沢山思い出を作りたいと思います。
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る