筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

カナダ / クイーンズ大学

Mi. N さん (英語学科 )

京都高等学校出身(福岡)

失敗を重ねながら大切なことを学ぶ
Oct . 2009
 カナダに来て、2ヶ月が経ちました。授業と宿題に追われる日々ですが、私は多くのことを学んだと思います。
 カナダでは、授業中は先生の説明を聞くだけでなく、自分の意見を言わなくてはなりません。最初は怯えて何も言えないような状況でしたが、今では自主的に発言するようになりました。また、プレゼンテーションが週に2回ほどあります。日本でプレゼンテーションをしたことのなかった私は、最初のうちは緊張して、クラスの前に立つと何も言えなくなる事も多くありました。それでも、何か言わなくてはならないと思い、素直に「ごめんなさい。わすれてしまってこれ以上何も言えません」と言ったこともありました。そうやって何度も失敗していくうちに、自分なりの準備の仕方や、緊張しないようにする方法を学んでいきました。
 こうやって失敗するたびに、友人達は声をかけて励ましてくれました。それは日本人の友人だけではなくて、中国人やタイ人の友人も同じでした。異なる国からきた友人から励ましてもらい、笑わせてもらうたびに、私は英語を勉強していて良かったと心から思いました。もし英語を学んでいなかったら、友人達の優しさを理解することさえできなかったと思います。
 10月下旬のミッドタームブレイクに同じホームステイ先の友人とニューヨークへ行きました。ニューヨークでは買い物や観光やミュージカル鑑賞など、とても楽しい時間を過ごしました。また、9.11テロの跡地へも行きました。跡地は工事中でしたが、近くにテロの資料館があり、遺族の手紙や写真を見ることができました。夢の中で見たことが、現実になったような感覚を持ちました。
 この2ヶ月間はとても早く過ぎていきました。気が付けばこのセッションもあと1ヶ月で終わります。今のクラスメートと一緒に学べるのもあと1ヶ月です。一生懸命に勉強するのはもちろんですが、それ以上に友人たちとたくさんの思い出と作りたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る