筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

ハワイ大学カピオラ二校

丸谷 桜 さん (英語学科 )

大分舞鶴高校 (大分)

ハワイにて3カ月 
Nov . 2015
留学生活が始まってから約3カ月の月日が経ちました。既にハワイに来た当初には感じていた、自分は異国に住んでいるのだという感覚はかなり薄れてきています。というのも、街中を歩いていると偶然知り合いに会うことが多々あるからです。ハワイは、出かけた先で、道端で、知り合いと会えるという稀な経験ができる場所といえます。よりハワイに馴染んで、この素晴らしい土地の文化を学び、理解していきたいと思っています。

この10月はMidtermによって課題やレポートの嵐に追われる月となりました。Midtermとは中間テストのことで、教科によって形式は異なりますが、短期間内にレポートを仕上げたり、重い内容の提出物やテストを受けたりと、私達学生にとってはここが踏ん張りどころだと言わんばかりの、毎日が正念場ではないかと思える程の量でしたが、周囲の多大なサポートによって何とかくぐり抜けることができました。
私が英語を学ぶクラスでは、他のクラスと違いpop-quizがテスト内容の一つとして出され、これは授業中で教授に指定されたthemeを元に制限時間内にessayを書くというものなのですが、構成等考えることと書くことを短い時間で成し遂げなければならないため、ひどく悩まされました。今現在ではで忙しい日々も終わり、次の学期に向けてのregisterが始まりました。私を含めた周囲のinternational生は、次のsemesterでは誰が母国語を英語とする生徒が集うクラスに上がれるのかという緊張によってそわそわした雰囲気に包まれています。

一方で休日はAmerican Cultureを学ぶべく映画を見に何度も出かけたり、ピザ作りに挑戦したり、日本が恋しくなれば焼肉を食べに出かけたり、ストレス発散の場として代表的であるカラオケに歌を歌いに行ったりと、幸せを満喫中です。何をするにも週末は気の合う友人達と、楽しくおしゃべりをしながら出掛けられるため、ただ楽しいだけではなく、ついつい張ってしまう気を落ち着かせられる大切な時間となっています。
最近、私は英語で冗談を言ったり音合わせをしたりすることに夢中になっているのですが、やはりこちらに来なければ知らなかった・使うことが無かったものが多くあるなと感じます。そういう、自分にとって珍しいものを主に利用して言葉遊びをしているのですが、友人も私のマイブームを知っているので、毎日のように新しい英単語を教えてくれており、とても為になる日々を送れています。

ここハワイに来て私は、勉強することの他に素晴らしい人達と出会うことで、大切なことを学ぶ機会にあふれた日々を送ることができていると強く思います。今学期も終わりに近づいてきている今、私はこれまでと比べて、どれだけ目標として渡米前に掲げた理想の自分に近づけているのかを振り返り、これからを見直したいと思います。
3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る