筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

八田 明穂 さん (英語学科 )

三潴高校 (福岡)

カナダに来てちょうど1ヶ月を迎えました
Oct . 2015
この1ヶ月は初めてのことばかりで、時が過ぎるのを本当に早く感じました。9月に初めてカナダに来た時は、まだ半袖で過ごせるくらいの気温でしたが、近頃は徐々に気温が下がり始め、コートを羽織る日もあります。

School of Englishの授業は、Coreというリーディングとライティングを中心とした授業とLabというリスニング中心の授業、Spokenというスピーキング中心の授業とDiscussionというディスカッション中心の授業の4つで構成されています。
Coreは毎日2コマあり、Labは週に1日2コマ、Spokenは週に2日1コマずつ、Discussionは週に1日1コマあります。私の時間割は、月曜日と金曜日の午後に授業がないため、友達と外でランチを食べたりメインキャンパスにあるジムへ行ったり休み時間を満喫しています。
 
授業外にも、カンバセーションパートナーという英会話の練習に参加しています。これはメインキャンパスの学生が私たち語学学校の学生と少人数のグループで会話を楽しむものです。授業ではないためリラックスした状態で英会話の練習ができ、毎週楽しみにしています。
初めてのミーティングでは、緊張をしてあまり話せず、落ち込みました。ですが回数を重ねるごとに緊張もなくなり、今では笑顔で会話を楽しむことができるようになりました。私を担当しているメインキャンパスの学生は、会うたびに英語が上達しているね、と褒めてくれます。褒めてもらえるとますます頑張ろうという気持ちがうまれてきて、毎日学校へ行くのが楽しいです。
 
先日はカナダの首都オタワに行ってきました。これは大学が企画する旅行であったため、たくさんの国の人と話すことができ、私は日本、台湾、ペルーからきた人たちと行動をしました。この日はずっと英語で会話していたため、大変疲れましたがすごくいい経験になりました。
オタワでは、国会議事堂、リドー運河、カナダ歴史博物館へ行きました。オタワに到着してまず気づいたことは、看板や標識などに最初にフランス語が表記されていてその後に英語が表記されていたことです。私の住むキングストンは、英語表記のあとにフランス語が書かれています。オタワ旅行のあとに調べてみると、オタワはフランス語を話す人の割合がケベックに続いて2番目だと分かりました。このような気づきをこれからも大切にしていこうと思います。

10月12日は、Thanksgiving Dayで祝日です。カナダに来て初めての大きな休日でした。 Thanksgiving Dayはもともと収穫を祝う日ですが、今では収穫以外に周りの人への感謝を現す日になっています。そして、カナダの人たちはこのThanksgiving Dayにターキーを食べます。私のホストファミリーも家でターキーを焼いて一緒に食べました。日本にはない祝日をホストファミリーと一緒に祝うことができて、すごく貴重な経験ができました。これからもホストファミリーと私の家族、友達に感謝をしながら、1日1日を過ごしていきたいと思います。

7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
トップページへ戻る