筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学

竹ノ内 夏希 さん (アジア文化学科)

鳳凰高等学校(鹿児島)

新学期が始まりました
Oct . 2015
 季節もすっかり秋になり、最近は寒い日が続いています。体調管理には十分気を付けて過ごそうと思います。

 新学期が始まりました。手続きや面接はすぐに終わりました。聞かれたことに対して答えられたので、前学期に何を聞かれても「わからない」と答えていたことが嘘のようでした。
 前学期のクラスは韓国人が多かったのですが、新しいクラスは国籍多様で休み時間になるといろいろな国の言葉が聞こえてきます。また、ひとりひとりの中国語のレベルが高く、わからない単語が出てきては語彙力の乏しさを痛感しています。授業も前学期より難しくなりました。先生の話すスピードは速くなり、口頭発表や討論形式の授業で最初は戸惑うことばかりでしたが、最近は慣れてきました。みんなの意見も聞けるので楽しく授業を受けています。

 新学期が始まってすぐ、クラス会が開かれました。改めて自己紹介をしたり、自国について話したりと、ご飯を食べながら親睦を深めることができました。
 前のルームメートも大学に戻ってきました。今学期から大学の近くに部屋を借りて一人暮らしをするということで家具や家電、日用品などを一緒に買いに行きました。夜は一緒にご飯を作り、食べました。
 
 なかなか決まらなかった新しいルームメートも決まりました。ルームメートとその友だちは日本のアニメが好きでよく一緒に見ています。日本人の私より詳しく、韓国人に勧められた日本のアニメも見ました。
 
 友だちのおかげで毎日楽しく充実した生活が送れていますが、留学生活も残り3ヶ月となり時間が経つのがとても早く感じます。気を引き締めて学校生活を送りたいです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
トップページへ戻る