筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

カナダ / クイーンズ大学

Ma. N さん (英語学科 )

筑紫女学園高等学校

ハロウィンを楽しみクラスメイトと 充実した時間を過ごす
Oct . 2009
カナダに来て早二ヶ月が過ぎました。日本はまだ28度前後で半袖で過ごしている、という母から連絡を受ける中、カナダは夜中では-1度まで気温が下がる日があり、「もう冬なのではないのか
?」と感じる日が多くなってきました。学校まで20分ほどかけて徒歩で行ってるのですが、寒さも忘れることができるほど綺麗なカナダのシンボルでもあるメイプルの木の紅葉など町の景色を堪能しながら登校してます。
 ホームステイ先では、家族の一員のように扱ってくれるので安心して毎日生活しています。私のホームステイ先の家族はお父さん、お母さん、そして7歳と5歳の子供が二人いるのですが、初めはあまり自分から声をかけてこなかった子供たちも、今では我先とたくさん話してくれとても可愛いです。31日には、クリスマス前のビックイベントでもあるハロゥインがありました。ハロウィンではみな仮装するので、私も魔女の衣装を着てハロウィンに参加しました。私の住んでいるところの近所では、夕方公園に仮装して集まり衣装を披露していました。子供だけではなく、大人も皆ぬかりなく仮装をしていました。中には相撲取りの着ぐるみを着ている人がおり、日本の文化を知ってくれていることに感動しました。
 学校では、授業内容が以前より早くなり、宿題も増え、私のクラスでは、プレゼンテーションやエッセイの提出などとこなさなければならないことがたくさんあり、とても忙しいですが、やりがいを感じるので苦痛ではありません。毎日クラスメイトと励まし助け合いながらがんばっています。クラスは13人と少人数で、私のクラスには韓国・中国・台湾・ロシア・トルコ・サウジアラビア・日本、計七カ国から来た生徒が集まっているのですが、とても仲がよく、皆学ぶ意思の高い人ばかりなので、毎日彼らから刺激を受けています。クラスメイトとは、学校だけでなく、週末などに買い物や食事にでかけたりします。そして、十月の第四週には9日間休暇がありました。私は、クラスメイトと四人でNYに行きました。当たり前ですが、予約など全て英語でこなさなければならなかったのですが、なんとか無事に旅行することができました。
 本当に時が経つのが早く、あと一ヶ月しかこのセッション残っていないので、この一ヶ月でどこまで成長できるか自分を試してみようと思っています。一ヵ月後、自分が成長したことを実感し、どれだけ成長したか報告できるよう勉強に精進していきたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る