筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

北京語言大学

杉田 映菜 さん (アジア文化学科)

宮崎大宮高等学校(宮崎)

インドネシア人の友達が誕生日のお祝いをしてくれました
May . 2015
 来た時にはとても寒く、乾燥していた北京ですが、最近はかなり温かくなり雨も少し降るようになりました。朝は冷えますが、日中は半袖一枚でも問題ないほどです。一時期は柳が舞って過ごしにくかったり、13年ぶりにひどい黄砂もありましたが、最近はわりと過ごしやすいです。
 
 授業もかなり進み、今ちょうど中間試験の時期です。C班は4日間あり、1日1科目の日程ですが復習するのがとても大変です。範囲がテストの前日に終わった科目もあり、クラスメイトと一緒に内容を確認しながら勉強しています。
 
 試験に入る前は、クラスメイトとご飯を食べに行く機会もありました。クラスメイトと一緒にご飯を食べに行くと、それぞれの文化の違いが見えてきてとても面白く、驚くこともたくさんあります。日本はどうなの?と聞かれてうまく答えられない時は、とてももどかしい思いをします。中国語でうまく説明しきれないことや、思っていた以上に自分が日本のことを分かっていなかったのだということを痛感します。
 
 先月、誕生日を迎え、一緒に留学している二人とインドネシアの友達たちがサプライズでお祝いをしてくれました。まさかお祝いしてもらえると思っていなかったので、とても嬉しかったです。インドネシア語や中国語で誕生日の歌を歌ってもらったのが印象的でした。インドネシアの皆は、私たちが帰国した後に誕生日が来るので、一緒にお祝いできないのが残念です。
 
 また、インドネシアの友達に誘われて、別の大学で行われたタイの泼水节のイベントに参加しました。みんな水鉄砲を持って水を掛け合っていて、人によっては全身びしょ濡れでした。このような祭りがあることを全然知らなかったので、とても新鮮で面白かったです。
 
 テストが終わると、授業もいよいよ後半戦です。本当にあっという間に過ぎ、まだまだ帰りたくないという想いが日に日に増しています。自分の思っていることをだいぶ伝えられるようになってきましたが、もっと話したいことがあるのにどう言えばよいか分からず悔しい思いをすることもまだたくさんあります。残された時間を大切に、勉強も中国での生活も楽しみたいと思います。
1 | 2 | 3
トップページへ戻る