筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

武田 実沙子 さん (英語メディア学科)

久留米高等学校(福岡)

新たな気持ちで!
May . 2015
あっという間に5月に入りました。4月の終わりに前のコース(EAP4)のFinal Examと卒業式があり、最後のコース(EAP5)に進むことができました。EAP5は英語のレベルがもっとも高いクラスなので授業の内容も、課題も難しいです。特に一番このクラスに上がって感じるのは、クラスメイトの意識の高さです。私のクラスメイトは皆EAP5を卒業した後に大学でそれぞれの専攻にわかれて勉強します。違う言語を話す国で、専門分野を持って大学を卒業するのは、決して簡単なことではありません。このコースは大学で勉強する準備のためのコースなので、みんな日々の授業に集中しています。ネイティブスピーカーのように英語を話しますし、自分の意見もためらうことなく理論立てて述べます。私もオーストラリアに来てから自分の意見を述べることに慣れてきましたが、まだまだ自分の意見を理論立てて説明するための英語能力が備わっていないので、この残りの2ヶ月間で伸ばしていきたいです。

学校ではクラスがかわる毎にCulture dayといってクラスで自分の国のことを紹介したり、ゲームをしたり、学校のバルコニーでBBQパーティーが開かれたりします。前に同じクラスだった子や、先生と楽しい時間を過ごしました。寮でもBBQパーティーやその他のイベントが月に6回くらいあります。私は寮に移ってからほとんどのイベントに参加してきたので、たくさんのお友達が出来ました。お友達をたくさんつくりたいなら寮に入るのをおすすめします。

さて、オーストラリアに来てから7ヶ月が経ちました。あと2ヶ月で帰るなんて実感がありません。EAP5を卒業するのは私にとって大きな目標です。今までとは違う新たな気持ちで授業に臨みたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る