筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

猪山 梨果 さん (英語学科 )

福岡舞鶴高等学校(福岡)

思い出いっぱいのfinal report
Apr . 2015
早くも最後のレポートになりました。3月の出来事と4月の前半、帰国まで含めて書きたいと思います。3月はブレークウィークがあけて日々の生活にもどり、勉強はさらに難しくなり、帰国に向けて思い出づくりもして、とても忙しい月になりました。学校ではcoreの授業でエッセイを書きました。今回は今までと違い、信用できるインターネット上のサイトから根拠を探さなければならず、ここが最も難しい点でした。検索するのはもちろん英語のウェブサイトで、内容も科学的、論理的なものばかりでサイトを見つけてからもかなり時間をかけました。Spokenの授業はプレゼンテーションが何回かありましたが、異文化を実感するトピックのプレゼンをたくさん聞くことができました。毎日大変でしたが、この7か月間を振り返ると自分でも実感できるくらい確実に成長しました。

3月のはじめはまだ寒く、タオルを濡らして外で振り回すと凍りました!このときの体感気温は−25℃位だったと思います。オンタリオ湖はまだ凍っていたので写真を撮りに行きました。見渡す限りの氷と雪景色は何とも言えない美しさでした。ベンチのイスの高さまで雪が積もっていて、「これこそカナダだっ!」と思いました。雪遊びは、というとルームメイトと雪だるまを作りました。カナダで思いっきり雪を丸めて雪だるまを作るのが私の中の一つの目標だったので達成できてよかったです。上旬にホストマザーが自家製メープルシロップをつかっている森の中のレストランに連れて行ってくれました。そこではホットケーキにメープルシロップをかけたいだけかけられて、メープルソーセージもセットで食べることができました。贅沢でとってもおいしかったです。ランチの後は、外にでてメープルシロップがどのように木から取り出されているのかを見学しました。途中でアルパカや羊もいて、たくさん写真を撮りました。

思い出づくりと最初に言いましたが、ここから具体的に友達との思い出について書きたいと思います。中国人の女の子友達の誘いで、その子の知り合いが作っている小龍包を食べに行きました。日本のとは味が違いましたが、それはそれでとてもおいしかったです。そしてとても安かったです。また今学期もクラス対抗のcompetitionがありました。結果は2位でしたが、クラスの友達と協力し合いとても楽しかったです。そして何より今月1番の思い出はペイントボールでした。作業着を着て、インクの玉がはいった銃を持ち、2グループでお互い撃ち合う屋外で行うゲームです。廃車や壁などの障壁に隠れながらなるべくたくさん相手チームの人を撃たなければなりませんが、自分が撃たれるのが最初は少し怖かったです。初めて実体験型のサバイバルゲームを体験しました。この日は3月下旬にもかかわらずたまたまとっても寒い日で凍えそうでしたが、20人くらいで行ったのでたくさんの新しい友達とお話しができて、その後夜ご飯をアラビック料理のレストランに食べに行き、最も心に残るカナダ生活の思い出の1つになりました。またダンスバトルを観に行ったことも私にとっては新しい経験でした。ヒップホップ、ブレイクダンス、サルサ、バレエ、インディアンダンスなどあらゆるジャンルのダンスを観ることができ、帰るときもまだもっとみたいと思っているくらいでした。

4月にはいり卒業式前にみんなで女子会をしたいと思い、私のお家でプチパーティをしました。よくSUSHI!と友達が言っていたので、手巻き寿司パーティにしたところ、韓国人、中国人、ブラジル人の友達みんなとっても楽しかった、またやりたいと言ってくれました。それぞれ好きなもの、苦手なものがあるので、手巻き寿司は普通にお寿司を用意するよりも良いと思いました。このほかにもご飯にでかけたり、お話したりしてたくさんの思い出ができました。
気が付くと冬には見かけなかったリスやウサギが庭を駆ける季節になっていました。このとき卒業式があり帰国が近づいていることを実感しました。毎セッション卒業式がありますが、今回は自分が帰国するセッションだったのでこの留学の重みを一層感じました。卒業式の後、ホストマザーがおいしいステーキのレストランに連れて行ってくれました。それは大きくてやわらかく、日本ではなかなか食べる機会のないボリューム満点のステーキでした。ホストマザーと空港でお別れするときまであまり実感がありませんでしたが、ゲートをくぐる前にやさしくハグして「また遊びにきてね」と言われたときに、この7か月間がほんの一瞬のように感じました。私は7か月間同じホストマザーと過ごしたので、その分思い出もたくさんあって今回の留学が楽しく無事終わることができたのは、ホストマザーのおかげだと心から思いました。それと同時に今まで当たり前に「ただいま」というと、「おかえり、今日の学校はどうだった?」と決まって返してくるこの会話がなくなるのだと思い、とても寂しい気持ちでいっぱいになりました。いろいろな気持ちがこみ上げてきて、ハグしている間私は何も言えませんでした。

その後、帰国前にTorontoとNiagaraに行きました。どちらも2度目でしたが、前回はスクールトリップで行ったので時間が足りませんでした。今回は1人で自由に時間が使えたので気ままにお散歩にでかけたり、観光したりできました。Torontoではたくさんの優しい人に出会いました。Toronto空港から市内まで全くわからない道のりをスーツケースと共に移動したのでどうなることかと思いましたが、階段でスーツケースを運んでくれたり、道をおしえてくれたり、ホテルにたどり着くまでに10人の優しい人達に助けられました。Niagaraのホテルでは、18階にお部屋をとっていたので、お部屋の窓からはナイアガラの滝が一望できました。予想よりもナイアガラの滝が目の前のホテルだったので大興奮でした。朝はナイアガラの滝の向こうからあがる朝日で目が覚め、とても贅沢な気持ちになりました。夜は暇だったのでホテル内のプールに行き、その後温泉につかりました。

7か月は長いようで短いという期間で、大変だと思うことも何回もありましたが、カナダで体験した1分1秒全ての時が充実していたと思います。すぐに思い出せる思い出も、ちょっとした小さな思い出も、写真やビデオに残っています。これから先数えきれないくらい見返すだろうと思います。それらの貴重な経験をばねに、これからの生活に生かしていきたいと思います。
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5
トップページへ戻る