筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学

西村 千春 さん (アジア文化学科)

熊本工業高等学校(熊本)

新鮮で充実した毎日
Apr . 2015
留学生活1か月が経過しました
 中国に来てもうすぐ一か月が経とうとしています。中国に来てからは一日一日がとてもはやく感じられます。中国に来たときは気温も低く、とても寒かったけど、最近は暖かくなり校内には桜も咲き始めています。この一か月は本当に毎日が新鮮で充実していました。最初の一、二週間は慣れない環境にとても疲れましたが、最近はすっかり中国の生活に慣れることができました。また、最初は、いろいろな国の人がいて、習慣や考え方が全く違うこともあり、とまどったり、理解ができないことが多かったです。しかし最近は、人々はそれぞれ違う考えで当たり前だし、国によって習慣が違うのも当たり前だと割り切れるようになりました。このような経験はなかなかできることではないので、今回経験できてよかったなと思います。
 
中国に来て2日目に、手続きとクラス分けのテストを受けました。手続きは、中国語があまりわからないため少し苦労しました。クラス分けの面接も先生がおっしゃっていることがほとんど聞き取れず、一番低いレベルの初級1のクラスに入ろうかと考えるほどでした。しかし、漢字が読めたので初級2のクラスに入ることができました。中国に来て二日目で、自分の中国語の足りなさを痛感しました。授業が始まってからは、先生の話を理解することと教科書の問題を解くのに頭が追いつかず、大変苦労しました。クラスには中国語がとても上手な人もたくさんいて、自分がこのクラスでついていけるのかと不安でしたが、最近はだんだんと慣れてきています。授業は大班と小班の授業があります。大班で文法を勉強した後、小班に分かれてリスニングや会話の練習をします。ちゃんと習ったことを実践する時間があるのでとても力になると思います。まだまだ中国語の実力が上がったという実感はないのでこれからもっと頑張らなければならないなと思います。

 学校生活以外では最近、北京語言大学に行った友達と天津観光をしました。日本人の友人たちのほかにインドネシアの人たちも一緒に15人で観光に行きました。初めて地下鉄に乗ったり、天津で有名な場所に行ったり、とても充実した観光になりました。先日は三連休がありましたが、その時は友人と北京に旅行に行きました。初めて新幹線に乗りましたが、日本とあまり変わりがなかったです。北京ではパンダを見たり、北京ダックを食べたり、北京で有名なショッピング街、王府井というところに行きました。しかし三連休ということもあり、とても人が多く、中国では連休に旅行に行くものではないなと思いました。しかし、中国のダイナミックさを感じられる旅になりました。
 今週は運動会や、天津博物館見学、5月には上海観光に行くつもりです。授業もどんどん難しくなりそうなので、勉強も今以上に頑張らなければならないなと思います。毎日が過ぎるのがとても早いので一日一日を大切に過ごしたいです。
 
 
1 | 2 | 3
トップページへ戻る