筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

上村 智美 さん (英語学科 )

福岡工業大学附属城東高等学校(福岡)

今月はイベントが盛りだくさんの月となりました
Jan . 2015
今月はイベントが盛りだくさんの月となりました。担任の先生のバースデーパーティをしたり、友達と色々なところへ出かけたり、とても内容が濃かったように思います。一大イベントの一つであるクリスマスは、夕方から天気が崩れ、楽しみにしていたイルミネーションを見ることができませんでしたが、年末年始は天気に恵まれました。目を開けるのが辛いほどかなり日差しが強かったですが、約2週間のHolidayを楽しみました。

12月に入ってからは、Holiday前に提出するSurvey reportについて学びました。これは、EAP4でSNSについてのアンケートを配り、集計し、その結果をグラフを使ってレポートにまとめるというものです。WordやExcelが苦手な人のために、先生がお昼休みにそれらの基礎を教えてくれたり、書いたレポートをチェックしてくれたので、本当に助かりました。わからないところは何回も友達に聞き、友達はいつもわかりやすく教えてくれたので嬉しかったです。また、Holiday前の最後の学校の日は、Christmas Celebrationをしました。クリスマスで使うボンボンというものを先生が持ってきてくれたり、クリスマスについての動画をみて、クリスマスカードも書きました。先生たちも私たちもサンタの帽子をかぶって音楽に合わせて踊ったり、EAP4すべてのクラスが集まって、皆でクリスマスを楽しむことができたので、とても思い出に残る日となりました。

12月から寮に入って環境が変わり、学校も忙しかったのもあって、Holiday前に風邪を引いてしまいました。しかし、レポートも迫っており、前回に引き続き出席率100%を狙っていたので、学校には休まず行きました。Holidayに入ってからもしばらく治りませんでしたが、体調を整えつつHolidayを楽しむことができました。日本人と韓国人の友達と一緒に寮でパーティをしたり、ショッピングやFish Marketに行ったりしました。Fish Marketは以前から行きたかった場所で、久しぶりに新鮮な牡蠣やエビ、サーモンなどを食べることができました。クリスマスはホストマザーとホストマザーのお母さんと一緒に過ごし、次の日は親戚一同が集まるということだったので、私も連れて行ってもらいました。まず、マザーのお母さんの家に行き、お庭でクリスマスプレゼントをもらい、お昼はビュッフェに連れて行ってもらいました。寮に移ってからも、ホストマザーの家族と過ごせることは幸せなことですし、家族の温かさを感じることができるのでとても安心します。また、カウントダウンにも行き、オペラハウスの近くで花火を見ることができました!音楽と共に花火が打ち上げられ、日本とは違う種類の花火もたくさんあり、友達とカウントダウンを過ごすのは初めてだったのでとても楽しかったです。

帰国まで約2か月となりました。自分の英語力、特にSpeakingの力はまだまだだと思います。正直に言うと、少し焦りを感じていますが、自分の気持ちをより正確に、細かいところまで表現できるように、何事も全力で残りの留学生活を頑張っていきたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る