筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

猪山 梨果 さん (英語学科 )

福岡舞鶴高等学校(福岡)

イベント盛りだくさんの10月!
Nov . 2014
早くも10月が終わりました。町の木々の葉はもうほとんど落ちてしまい太陽も日に日に沈むのが早くなっています。さて、今月はとても忙しくあっという間でした。

最初の土日は、ホストマザーの友人の結婚式に参加させてもらいました。挙式はもちろん本物の教会で、披露宴は少し離れた結婚式場で行われました。また場所がカナダの首都、Ottawa(オタワ)だったので、午前中は観光をしました。日本でいう国会議事堂のようなところでは、中に入れ展望室もあり、一度は来るべきだと思いました。またカナダ料理「プーチン」という、フライドポテトの上に様々なトッピングがされているものを、ここで初めて食べました。教会はとても広く、厳かでどこか落ち着く雰囲気で、レッドカーペットの上を歩いてくる2人の姿はとてもきれいでした。一方で披露宴は、ビュッフェスタイルということもあり、みんなわいわいしていました。ご飯を食べているときに、いきなりホストマザーがワイングラスをナイフでたたきだし、それを見た他のお客さんたちも同じことをしだして唖然としていると、新郎新婦さんがキスをしました。ナイフなどでグラスをたたくことは、「キスコール」のようなものだ、とその時ホストマザーが教えてくれました。日本ではふつうしないので、とても驚きました。

10月13日は、「Thanks giving day」でした。感謝祭のことですが、カナダの人々にとって、この日はとても大切な日です。私のホストマザーは、とってもたくさんのお料理を作ってくれました。中でも、ターキーとよばれる鶏肉がこの日のメインです。ほかのお家の人達も友達や親戚を招待して、みんなで楽しい時間を共有するのが主流のようです。

3週目の土日は、トロント行きのスクールトリップに参加しました。土曜日は、あの有名なナイアガラの滝を見に行きました。1度は行ってみたかったので、目標が1つ達成できてよかったです。また、ナイアガラの近くにはテーマパークのようなアトラクションが集まった通りがあり、そこでの時間はあっという間でした。トロントでもCNタワーから夕陽をみたり、街中観光したり満喫しました。

月末の週は、break weekで10日間くらいお休みでした。その間に、わたしはモントリオールに友達と行ってきました。そこでは主にオリンピックパーク、ノートルダム大聖堂、チャイナタウンに行きました。オリンピックパークでは、ギネス記録を持っている傾斜45度のタワーにのぼったり、プラネタリウムにはいったりしました。紅葉の季節だったので、とてもきれいな景色を見ることができました。ノートルダム大聖堂は、中に入った瞬間、美しく豪華な内装に圧倒されました。それでいてとても居心地がよく、心が穏やかになり、いつまでもいられそうな場所でした。チャイナタウンではお昼ご飯を楽しみました。

そしてなんといっても今月はHalloween!私は、日本でハロウィンをしたことがなかったので、初めての経験でした。そこでコスチュームは王道に魔女にしました。近所の子ども達が、お菓子をもらいに来るのでそのためのお菓子詰めを手伝い、その後せっかくだから行っておいでというホストマザーの勧めによって、私も近所にお菓子をもらいにいってみました。本来子どもがするものですが、またとない機会なので…。たくさんのお菓子をもらい、近所の人達とたくさんお話ができ、とてもいい経験になりました。クモの糸のようなものが玄関にはりめぐらされ、骸骨や手、首などがぶらさがっていたり土に埋まっていたり、飾りと思っていた死神が実は人だったりと、あまりにもクオリティの高いデコレーションに驚きました。また、親が車で子ども達をたくさんの住宅街に連れて行ってあげてお菓子をもらうという「住宅街めぐり」のような現象が起こっていました。ハロウィンにかける親と子どもたちの熱意は、想像以上でした。

来月からサマータイムがおわり、1時間日本との時差が広がります。冬も本番になってきますが、毎日充実させていこうと思います。
2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る