筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

上村 智美 さん (英語学科 )

福岡工業大学附属城東高等学校(福岡)

ネイティブスピーカとの会話
Feb . 2015
今月はシドニーの天気は本当に変わりやすいなと思った月でした。熱風が吹いてサウナの中にいるような暑さの日もあれば、次の日は気温が10度ほど下がり夏とは思えないほどの寒さになったりと、気温差がとても激しいです。しかし、今月は体調を崩すことなく勉強も遊びも楽しみました。

まず、Holiday明けにMid Term Examがありました。Holiday中は英語を話す機会が少なかったので少し心配していましたが、クラスで一番の成績を修めることができたので安心しました。また、今月はプレゼンテーションや、Summary/CritiqueとCase Studyの2つのレポートに加え、Essayもあり、週末は課題に追われていました。授業でこれらの内容を習うのですが、ポイントやコツをつかむのが難しく、苦戦しました。評価が良いものと悪いもので差があったので、EAP5では今以上に良い成績を修めることができるように頑張りたいと思います。また、先週の金曜日から始まったFinal Examも頑張ります。

私にとっての今月の一大イベントはAsian Cupのサッカー日本代表戦を観に行ったことです!!PK戦の結果、惜しくも負けてしまいましたが、生で観る迫力には圧倒されました。私がサッカー好きだというのはクラスの皆が知っていて、そのうちのあるクラスメイトが誘ってくれました。前からの夢だったので、それをオーストラリアで観ることができ、本当に思い出に残るものとなりました。

そして初めてこちらで映画館へ行ったり、また、Olympic Parkにも行き芝生に座って食べ物を食べながら、ビックスクリーンでFrozenを観ました。これは夏の間に行われるイベントで、Olympic Park以外にも大きな広場があるところで色々な種類の映画を楽しめます。日本にいるときにテレビで見たことがあり、一度行ってみたかったので行けて嬉しかったです。そのほかにも、ホストマザーのお家へ遊びに行ったり、祝日のAustralia dayにはオペラハウスへ行き、顔にオーストラリアの国旗のシールを貼って、ショーや観光を楽しみました。

また去年の夏に筑女に来ていたAyumiにも会うことができました。動物園につれていってもらったあと、Ayumiのお友達と合流してCityでご飯を食べて、映画を観に行きました。話も弾み、久しぶりに思いっきり遊んだので、いい気分転換になりました。Ayumiと会話をしているときに感じたことは、去年の夏よりもスムーズに会話ができているということです。彼女も少しゆっくりと話してくれていたとは思いますが、会話も理解できたし、それに答えることができている自分に気づきました。私の一番の弱点はSpeakingで、なかなか伸びていないなと少し悩んでいた時期でした。なので、これは本当に自分の中で励みとなりました。それと同時に思ったのが、やはりネイティブの人と会話することが英語上達への一番の近道だということです。Ayumiとの会話の中で、私が知りたかった、または使いたかった英語の表現をいくつも聞くことができたので、それを使いこなせればもっと自分の気持ちを表現できるし、表現の幅も広がります。今の私に足りないもの、それはネイティブスピーカーとの会話です。学校の先生はもちろん、寮にもネイティブの友達がいるので彼らとの会話を増やし、もっともっと成長していけるように、残りの約一か月のオーストラリア生活を充実させていきたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る