筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

宮田 優香 さん (英語メディア学科)

熊本県立八代高等学校(熊本)

自分の出来ることをしっかりと努力していきたいです。
Dec . 2013
12月を思い返すと、様々なことが凝縮して起こった密度の濃い月だったにも関わらず、自分と向き合う時間も十分とれ、とてもバランスのとれた時間を過ごせたと感じます。12月に入ってすぐにvariety nightがありました。これは、みんなが歌や、楽器、ダンスなどの特技を披露するものです。もともと楽しみにしていたのですが、期待を上回る素晴らしい夜でした。その中でも日本人の女の子がドラムを披露しながら、ムービーで日本の文化を紹介していたのが、とても感動しました。カナダにいながら、日本の文化を再確認できたいい機会になりました。
その後、fall sessionが終わり、Graduationが行われました。私はまだ2session勉強する予定なのであまりピンと来ていなかったのですが、忘れられない日になりました。Graduationの朝はクラスみんなで朝ごはんを食べに行きました。これはQSOE恒例の行事らしいです。担任の先生のお母さんも来ていて、いつもの様に和気藹々しながらも、普段は話さないような内容の話もみんなでして、素敵な時間を過ごすことができました。午後のGraduationでは、正装して一人一人修了証をもらったり、クラスで一番頑張っていた人が表彰されたり、たった三ヶ月のプログラムなのに本当に充実した期間だったなと再確認しました。また、頑張った人がちゃんと認められる恵まれた環境にいることを実感し、自分もこのままではいけないなと思いました。次の日には、ほとんどの学生が帰って行ったのですが、本当に悲しくて子供の様に一日中泣いた一日になりました。Roommateからもらったメッセージカードでは、本当の姉妹みたいに感じでいたと言ってもらえ、他の友達にも、考えただけで心が温かくなるような言葉をもらえました。私は残る方なのに、帰っていくみんなに沢山がんばってと言ってもらえ、その一言一言が重くて泣いてばかりじゃいけないなと思いました。
次の日には、友達のいるHamiltonへと行きました。Hamiltonには一週間程度滞在させてもらい、初めて会うのにみんな暖かく迎えてくれて、新しい友達がたくさんできました。その後極寒の中ですが、Niagara fallsに行きました。クリスマス前ということで、イルミネーションと雪がとても綺麗で素敵な時期に行けてよかったと思います。また近いうちにHamiltonに行きたいと思います。
その後はホストファミリーとクリスマスを過ごしたり、友達と映画館に行ったり、子供と遊んだり、New Yearは花火を見に行ったりと自由な時間を過ごしています。最近は、自分の英語力がちゃんと伸びているのか不安になってしまうことがよくあるのですが、悩んでいても仕方ないので、自分のできることをしっかりと努力していきたいです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る