筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

川俣 英里奈 さん (英語メディア学科)

筑陽学園高等学校(福岡)

毎日が私の財産。
Oct . 2013
10月は自分でも驚くほどあっという間に終わってしまいました。
気付けば11月になっていた感じがします。
10月は2つのReport Assignmentに3日に渡るMid Term Exam、そしてPresentationがあり、かなり忙しかったのもあると思います。
私は2020年東京オリンピックが決まったことをきっかけにオリンピックの歴史、IOC委員会、そして東京オリンピックについてプレゼンしました。みんなかなり興味を持ってくれて日本の良さも同時にアピールできてよかったです。
質疑応答を含める約15分のプレゼンを英語でするのは準備にとても時間がかかりましたが、大学の事前研修で何度もプレゼンの練習の機会を設けていただいていたので構成、話し方が割りとすらすらできたように思います。

また、寮生活ではルームメイトに恵まれ学校から帰宅してもにぎやかに楽しく過ごしています。寮に入ったときは、みんな話すのが速すぎて会話の途中で何度も聞き返すことが多くありました。でも、今では聞き返すことが少し減った気がします。私の英語はまだまだですが、ルームメイトに英語が少しうまくなったと先日褒められ嬉しかったです。これからの勉強に対する自信につながりました。
寮では、ご飯は自分たちで全て作らなければいけませんがそれもそれですごく楽しいです。英語のレシピを使って料理してみたり、ルームメイトとシェアしたり!!シドニーにも日本の食材が売ってあるスーパーがあり日本に比べるとかなり高いですが日本食が恋しいので結構活用しています。日本食はルームメイトに大好評で味噌汁(苦手な人もいましたが)と親子丼は特にウケが良かったです。
週末はよくルームメイトとショッピングに行ったり、遊びに行きます。Paintballというオーストラリアの遊びを体験しましたがなんともワイルドでした。また、HalloweenはSydney Harborを3時間半もクルーズするパーティーに参加しました。海外はクオリティがめちゃくちゃ高く素敵なパーティーでした。

10月は勉強面でかなり鍛えられ、プライベートは寮の友達やクラスメイトと楽しくたくさんの経験ができました。そんな毎日が私にとっての人生の財産です。11月もいっぱい学んで、楽しむときは楽しんで、メリハリつけて、私らしくたくさんの人に笑顔をふりまく月にしたいと思います。
2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る