筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

北京語言大学

池田 あい さん (アジア文化学科)

大分豊府高等学校(大分)

国慶節という祝祭日でした。
Oct . 2013
9月30日から10月6日まで国慶節で学校が休みだったため、青島に行ってきました。今学期から石油大学に留学した友人の誕生日をそこで祝うためです。聞いていたとおり、空気は北京とは違い澄んでいました。人も多くなく、ゆっくり過ごすことができました。一緒に行った友人は「ここの人は私を『外国人だ!外国人だ!』とじろじろ見ることがないので落ち着く」と言っていました。青島は青島ビールで有名です。そのため私たちは着いてすぐにビール博物館を見学に行きました。戦時中、青島ビール工場は日本に買収され、朝日、サッポロ、三ツ矢サイダーが生産されていたという歴史を知りました。他に観光スポットとしては水族館があったのですが、時間の都合で行くことができなかったのが残念です。

 国慶節は思っていたようなお祭りムードではありませんでしたが、スターバックスで月餅が売られていたり、月餅専門の露店が出たり、飲食店ではサービスとして月餅が出て来たり、色々な所で月餅を見て食べる機会がありました。
 授業が始まってからは国慶節をどう過ごしたのか友人たちの話を聞きました。各地から北京に人がやってくので、国慶節の期間特別人が多くていらいらした、他の地域に行くつもりだったのに電車のチケットが買えず、ずっと北京で過ごした、等様々な状況を聞くことができました。
 中国人は国慶節の時に登山をする人が多いようです。聞くところによると香山が現在見頃だということなので、機会があれば行こうと思います。

 授業では最近ますます自分の意見を述べることを要求される機会が増えてきました。黙って座り授業を受けるということはなく、毎回必ず発言させられます。実際のところクラスメイトのスピーキング力が高いので、発言するのが億劫になっているという現状です。中国人の友人と会話する機会を増やさなければ、HSK、中国語検定も受けなければ、と最近気持ちだけが先走って集中できていないような気もします。授業も残り少なくなり時間からの焦りもありますが、一つ一つ確実にこなしていこうと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
トップページへ戻る