筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学

眸 亜耶 さん (アジア文化学科)

東筑紫学園高等学校(福岡)

文化の違いを実際に目で見て体験して、ますます興味を持ちました!
Oct . 2013
私は年越しと新年を日本で過ごしたいと思い、年内に帰国する予定なので、私の留学生活も残り二か月になりました。今までを振り返ってみるとたくさんの思い出が出来ました。中国での生活も徐々に慣れ、今では普通に生活出来るようになり、中国に来たばかりの時の不安もいつの間にかなくなっていました。今月は特にイベントや休みもなく、学校に行く日々が続き、11月も12月も連休がなく授業ばかりです。授業の方はやはり難しいです。しかし、教科書の内容自体は難しくないのでなんとかついていけています。
この八か月の間にたくさんの中国人の友達や他の留学生の友達が出来ました。中国人の友達はいつも私を助けてくれて親切な人ばかりです。日本の事も好きだと言ってくれて、最初に日中関係の事を心配していましたが、全然心配する必要がありませんでした。そればかりか、日本の家電が好きだとか漫画やアイドルが好きだと積極的に話しかけてくれました。私は中国に来る前に特に中国について調べていなかったのでおすすめの歌手やドラマや漫画もたくさん教えてくれました。あと中国人は勉強熱心な人が多く、夜の23時まで自習室で勉強していてとても驚きました。日本の大学生は私もそうでしたが、授業が終わると遊びに行くか、バイトに行くのが一般的で、その違いに圧倒させられました。中国人の友達に幼少期からの教育のことを話してもらったことがあり、ゆとり世代の私からしたら、中国人はとても厳しい生活を送って来たと思いました。どの中国人の友達に話を聞いても今の大学生活が一番楽しいと言っていました。また大学生から恋愛をしている人が多く、南開大学の中は恋人同士で歩いている人が多いです。あと驚いたことはあまりオシャレについて関心がないと聞きました。オシャレもやはり大学生になったらする人が多いらしく、中国人と友達からいつも日本人はみんなオシャレでかわいいと言ってくれます。
私は中国人の友達がたくさん出来てこのような違いを実際目で見て体験出来て、ますます興味をもちました。授業ではいろいろな国の違いにも気づけるので、このような経験を来年の論文の課題に活かすために、言語だけではなく、もっと頑張ろうと思いました。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る