筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

北京語言大学

日野 恵里香 さん (アジア文化学科)

朝倉高等学校(福岡)

一生忘れられない留学になりました!
Jun . 2013
いよいよ7月に入り、テストも終わりました。中国もますます暑くなってきてはいますが、日本と比べると湿度が低く乾燥しているので、気持ちが悪い暑さではなく、比較的過ごしやすいです。ですが、日差しが強く、昼間少し外出するだけで肌が痛くなるので室内で過ごすことが多くなってきました。

6月の半ばから、授業で出席を取ることがなくなったので、学校を休んで旅行に行く生徒も多くなってきましたが、テスト前にはだいたいみんな揃って授業を受けました。最初のころはクラスメートと話すのでさえ少し怖かったのが、今では楽しく会話できるようになり、別れがさみしいです。休み時間などに、いつ帰国する予定なのか友達と話す機会が増え、みんなと授業をするのも残り数日しかないのだと実感し、ますますさみしくなってきました。

テストが終わり、終講まではあと数日あるのですが、今日卒業パーティが開催されました。大学内にあるホテルの一回のフロアに、すべてのB班の生徒たちが集まり、クラスごとにテーブルについて中華料理を食べながら今までのことをたくさん話しました。北京に来たばかりのころは、友達と会話して笑っている自分なんて全く想像できなかったので、とても不思議な感じがしました。私のクラスは、みんな話すのが好きで、いつも笑ってばかりで、パーティの時もたくさん笑ってとても楽しかったです。でも、パーティが終わり、みんなで写真を撮ったあとは本当に帰国まであと少し、という実感が湧いてきて、泣いてしまうクラスメートもいて、まだ帰りたくない、もっとみんなと一緒に勉強したいと強く思いました。

中国に留学することが決まり、北京に来たばかりのころはずっと帰国する日のことを考えていました。しかし今考えるのは、残された時間をもっと大切にしたい、クラスメートともっと一緒にいたい、ということばかりで、短期間で自分の気持ちが大きく変わったことに少し驚いています。こういう風に考えられるようになったのは、先生方とクラスメートのお陰だと思います。みんな本当に優しくて楽しく、4か月という短い期間ではあったけど、とても楽しく過ごすことができました。北京語言大学で、みんなに出合い、一緒に勉強できて本当に良かったです。一生忘れられない留学になりました。
 
 
1 | 2 | 3
トップページへ戻る