筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学

大谷 佳歩 さん (アジア文化学科)

玄界高等学校(福岡)

「私の中国留学」
Jun . 2013
6月は、修了式と最後の期末テストが行われました。
修了式では、クラスごとに、それぞれ色々な発表が行われました。私達のクラスは、自分の国の有名な歌を発表しました。日本のパートでは、私達日本人は、SMAPの「世界に1つだけの花」を歌いました。
また、クラスごとの発表以外に、私は、こちらの文化体験の授業で、習っていた「中国舞蹈(中国の踊り)」の発表もありました。発表前の最後のリハーサルでは、みんな緊張していて、ドキドキでしたが、本番では、無事に踊り終えることができました。文化体験の授業日以外にも、休日や、発表日前の1週間などを使って練習したりもしました。約4ヵ月という期間、みんなで一緒に練習してきた成果を、本番の発表では、発揮することができたので本当に良かったです。
最後の期末テストでは、「综合」、「听力」、「口语」の3種類のテストが行われました。
そして、今月は、修了式の後や期末テストの後などに、クラス会をしました。学校が終了して、すぐ帰国する人や、今月に帰国する人などがいるので、今月は、クラス会が多く行われました。クラス会をする度に、クラスのみんなと楽しい時間を過ごし、交流を深めることができて、とても幸せなのですが、その反面、今月のクラス会では、帰国する人が多いので、帰国の話題もでてきて、寂しい気持ちにもなりました。私も、半年間の留学なので、帰国しなければなりません。
中国留学を通して、本当にたくさんの事を学び、たくさんのことを経験しました。「中国での生活」、「中国の食」、「中国の文化」、「中国人との交流」など、様々な面を通して、色々な事を体験しました。
また、中国に関することだけではなく、色々な国から南开大学に留学をしにやって来た留学生達と共に勉強し、共に交流するなかで、色々な国のことも知ることができました。
日本に帰国しても、「中国語の勉強」や、「中国についての理解」に今まで以上に、力をいれて臨みたいと思います。
そして、南开大学の先生や中国人の学生に教えてもらった中国語の発音のアドバイスなど、教えてもらったこと、学んだことを是非、日本での勉強にも活かしていきたいと思います。
また、「中国語検定」や「HSK(汉语水平考试)」も、上の級の取得を目指して、頑張っていきたいと思います。
中国での留学を終えて、新たな目標も出来たので、その目標の達成を目指して、1歩1歩確実に、歩んでいきたいと思いました。
最後になりましたが、私がこうして中国へ留学することができたのは、たくさんの方々の支えがあって、できたことです。家族を始め、大学の方々、私を支えて下さっているたくさんの方々、本当にありがとうございました。日本では、体験することができない、貴重な体験を中国留学を通して、することができました。
 
 
1 | 2 | 3 | 4
トップページへ戻る