筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

北京語言大学

宇都宮 絢香 さん (アジア文化学科)

柏陵高等学校(福岡)

気持ちを緩ませることなく、残りの日々を過ごしていきたいです。
May . 2013
北京はもうすっかり夏で、毎日日差しがとても強く、本当に春がなかったなとつくづく思いました。
今月、私は原因不明の発熱や下痢などの体調不良に悩まされ、中国で人生初の点滴を経験しました。また、色々な事情で寮を引っ越したりと色々忙しかったです。中国の生活にはもうすっかり慣れ、来たばかりの頃、外出するのも怖く感じていたのが嘘のように思います。
中間テストが終わると、授業で使う教科書のレベルが一段階上がり、授業内容が少し難しくなりましたが、授業内容も先生が言っていることも理解できています。クラスメートや友達と中国語を使って会話をすることに違和感を感じなくなったことは、とても嬉しく思います。また、最近、授業中によく「日本はどう?」ということを質問されます。先日、「日本で、お祝い事のときに着る服の色は何色が好まれるの?」という質問に、上手く答えることができませんでした。こちらに来て、私たちが普段考えたことの無いような問題についての意見を求められることが多いので、もっと自分の国について知ることが必要だと思いました。
週末には、友達と買い物に行ったり、北京にはたくさんの観光地があるので様々な場所に行っています。服や靴を買うときは、積極的に値切れば半額にしてもらえたりもするので、買い物をするのがとても楽しいです。
来月は、各クラスで出し物を披露する大会があり、私たちのクラスは毎日歌の練習をしています。劇やダンスなどを披露するクラスもあるようなので、他のクラスの発表を見るのがとても楽しみです。また、6月末からは、修了試験もあるので、あと1ヶ月間気持ちを緩ませること無く、勉強も頑張りながら楽しく、残りの日々を過ごしていきたいです。
1 | 2 | 3 | 4
トップページへ戻る