筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

角熊 理歩 さん (英語学科 )

福岡女子商業高等学校(福岡)

もっと自分の国を知るべきだと思います。
May . 2013
五月もまたとても寒くそのため少し風邪をひきました。

カレッジの方では、無事AEEP Reading & Writingを修了することができました。6週間という短い期間で、EAP5(10週間)でやった事をしたのでとても大変でした。EAP5でやったのだから少しは楽だと思いますが、与えられるトピックが違うので新たに調べないといけないし、提出までの期間が1週間しかないレポートが多かったので楽ではなかったです。今までレポートをやっていて、グローバリゼーションや貧困などの問題を知ることができました。日本にいたころは、そんなトピックのレポートなどがなく、また、自分で調べようとしていなかったので世界で起きている問題など知りませんでした。留学する前にもっと勉強をしておけばよかったと思いました。レポートでは自分の意見、考えを強調するために「例」がいります。勉強をしていなかった自分は発展途上国のことについて知らなくて例が出せないでとても大変でした。いろいろ頭で思い浮かぶのですが、日本のことなので例に書けません。クラスは全員と言っていいほど発展途上国(東南アジアやアラブ、中国、インドなど)から来ている人たちなので例を書きやすいですし、国際問題をよく知っています。授業中などでよく自分の国を例に挙げて発言をしています。もっと、日本が国際上どういった事をしているのか、他の国にどういった影響を与えているのか(良い面と悪い面)を勉強するべきだと思いました。もっと自分の国を知るべきだと思います。帰国したら図書館などに行って調べて、もっとニュースを見ようと思います。
これから留学する人や予定の人は絶対にグローバリゼーションや発展途上国、先進国などが抱える問題や利益などを知っておいた方が、このようにレポートが課せられたときに必ず役立つと思います。

大学では中国語の期末テストと授業が無事に終わりました。大学での中国語のクラスはとても楽しかったです。日本と違って会話が中心なので以前よりは話せるようになりました。今まで、習った文法が多かったのですが書くだけで発音の仕方が分からなかったのでとても楽しく覚えることができました。また、クラスメートが間違って発音をして笑いが起こることで、「あっ、これ間違えて言っていたなー」とそれからも学ぶことができました。その間違えた人も、「恥ずかしかったから覚えている」と言っていました。言語は間違いから学ぶことが大切だと思います。中国語はまだ学び始めてまだまだなので間違えても恥ずかしくはないのですが、英語となると中学校から学んできて、しかも英語学科に所属しているというプレッシャーからか、「完璧に言わないと。」「文法通り正しく言わないと。」と考えてしましい、間違えるのが怖く発言ができなくなってしまっている自分がまだいます。さらに、その会話のなかに日本人がいると余計に恥ずかしくなってしまい、発言ができなくなっています。もうすぐ帰国なのに焦っています。もっと、強くなりたいです。できるだけ英語の会話ができる環境を作りたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6
トップページへ戻る