筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

北京語言大学

池田 あい さん (アジア文化学科)

大分豊府高等学校(大分)

生活にも余裕が持てるようになりました。
Apr . 2013
今月は中間テストがありました。スピーキンング、リスニング、グラマー、リーディングの4つです。テストが終わって新しい教科書になり、それについているCDの速度もはやくなりました。2ヶ月前までは教科書の内容がすごく難しく感じていたのですが、最近は極端に難しいと思うことはなくなりました。予習、復習にもそれほど時間がかからなくなったので、生活にも余裕が持てるようになりました。
 半年のコースは社会見学のようなカリキュラムが組み込まれているようなのですが、1年コースにはそれがありません。そのため、今月は清明节や週末を使ってクラスメイトと北京を散策しました。北海公园、北京动物园、欢乐谷、天坛公园などに行きました。また、学校が企画した万里の長城見学にも参加しました。学校からバスが出て、長城の入場料も無料だったため、全く見学費用がかかりませんでした。今月はテーマパークや名所旧跡、様々なところに行きましたが、中でも特に興味深かったのは郊外にあるマーケットです。大学から車で30分ほどのところにあり、主に地元の人が利用します。ここにはクラスメイトのラグビーの試合を応援するために行きました。試合会場付近にあったそのマーケットはとても活気があって目に入るものすべてが刺激的でした。それまで1ヶ月半見て来た中国は、交通網がすごく発達していて便利なところでした。ユニクロや無印、丸亀うどんもあり、服や食べ物など日本の物も比較的簡単に手に入れることができます。しかし、少し郊外に行くとまだまだ道路は舗装されておらず、昔ながらの町並みで懐かしい雰囲気でした。
 また、6月の初めには学校誕生記念祭があり、クラスで出し物をしなければなりません。私たちのクラスは何をするのかまだ具体的に決めてはいませんが、少しずつ準備が始まっています。さらに、多くの人がクラス以外にも個人の出し物をします。私は書道をすることになりました。先生のアドバイスもあり四字熟語を書くつもりでいます。今週末には筆と紙を買いに行こうと思います。
6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
トップページへ戻る