筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

小島 千夏 さん (英語学科 )

春日高等学校(福岡)

少しずつ友達が出来始めました!
Mar . 2013
 3月のオーストラリアもとても暑かったですが、日に日に外が暗くなるのがはやくなってきているのを感じます。1回冬を過ごしていないことになっているため、寒い季節が少し待ち遠しいです。
 大学が始まり、1ヶ月が経ちました。先月の報告書に書いていたように、現地の友達を作ることは難しいです。理由として、当たり前ですが英語のレベルの差が大きすぎることと、各Tutorialが週1しかないため、会う機会がすごく少ないことが挙げられるのではないかなと思います。しかし、なかなか理解出来ない授業についていくためには助けてもらう友達が必要です。少しずつですが、クラスに友達が出来始めました。いまだに、クラスメイトの発言がはやくてついていけないことが多々ありますが、予習して臨むことで、だいぶ自分にとって楽になることが分かりました。また、まだ完全に慣れる前から様々な課題に取り組まなければならない時期がやってきました。今月、私が中心的に活動したことは、まずReferenceについてのテストです。カレッジにいた際に使っていたものと異なるスタイルを使うようになったので始めはとまどいましたが、基本的な要素は一緒だったため、何とか合格点をとることが出来ました。2つ目は、プレゼンテーションの準備です。ペアで行うので、現地の人と話し合っていく中で英語力を試せるよい機会でもありました。私がトピックで選んだのは、自分の立場でも考えられるだろうということで、intercultural communicationにしました。今もまだ準備期間ですが、いいものが出来るように協力して準備していきたいです。3つ目は、レポートを書くにあたってのBibliographyとProject Overviewの作成です。この課題は、カレッジでやったことのないものだったので、本当に難しかったです。何とかやり遂げた、という感じです。
 今月は泳ぎおさめとしてBondi Beachへ行ってきました。こちらに来て、海がとても好きになりました。日本でほとんど行ったことがなかったので、あまり比べられませんが、波が本当に強い、そして何より綺麗なイメージです。そして、ゲイの人のためのパレードがシドニーで開催されたため、観に行ってきたのですが、あまりに人がたくさんで雰囲気しか味わえませんでした。しかし、オーストラリアはすごく同性愛についての理解が大きいということを知ることが出来、もっと認められるべき問題だなと改めて感じるよいきっかけとなりました。また、今月末はEasterがありました。キリストの復活を祝う休日ということで、日本ではあまりなじみのないイベントなので、何から何まで新鮮でした。シドニーで行われている大きなイベントへ行ったり、友達とフィッシュマーケットへ行ったり、友達の町をドライブしたりと、勉強のことは忘れて充実した週末を過ごすことが出来ました。また、家に帰ってホストファミリーとその日の出来事や、家族のことを話すこともすごく楽しいです。私に対して、すごく親切に接してくれて、ほめてくれるためもっと頑張ろうという気持ちになります。
 4月も、次から次へと課題が押し寄せてきます。授業についていくために自分で工夫して、時間を有効に使わなければと思います。留学生活も残り約3か月です。悔いのないよう、楽しみながら1日1日過ごしていきたいです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
トップページへ戻る