筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

谷崎 佑希 さん (英語学科 )

八代高等学校(熊本)

何事にも自分から取り組む姿勢が大切!!
Dec . 2012
明けましておめでとうございます。12月が終わり、さらに寒さが厳しくなってきました。キングストンは一面雪に覆われています。この時期にはウィンタースポーツが盛んなので、私も友人と一緒にスケートを楽しんだり、アイスホッケーの試合を観戦したりとカナダの冬を満喫しています。今はセッションの間の1か月間のbreakで、この期間中に旅行に行ったりクリスマスを体験したりと、こちらでしか経験できないことを楽しんでいます。

Break期間の最初の1週間は、友人とニューヨークに旅行に行ってきました。ブロードウェイミュージカルを見たり、人気のレストランに行ったりと、このレポートには書ききれないほどのたくさんのことを体験しました。ニューヨークに行って感じたことは、日本とアメリカの文化の違いです。ニューヨークには、本当に様々な国の人々が暮らしています。アジアやアフリカ、ヨーロッパなど多くの国々の文化が融合し1つの都市が形成されているため、街の雰囲気も独特で、見るものすべてが私にとって新鮮でした。またニューヨークはとても親日な都市で、建物内の表示や案内、館内アナウンスにも日本語が使われているところが多く、街で出会う人々も日本語で話しかけてくる人が時折いました。日本も海外からの文化を積極的に受け入れるようになってきたものの、ニューヨークに比べたらまだまだだと感じました。自国の文化だけでなく他国の文化も尊重し受け入れているニューヨークは素敵な都市だと思いました。この旅行でこれまでに経験したことがない様々な文化に触れ、多くのことを学ぶことができました。また機会があれば訪れたいです。

旅行から帰った後は、ファミリーとクリスマスを楽しみました。クリスマスの朝、靴下の中とツリーの下にたくさんのプレゼントがあり、とても驚きました。家族と一緒に騒ぎながらプレゼントを開けるのはとても楽しかったです。私もサンタクロースやファミリーからたくさんのプレゼントをもらいました!日本ではカナダのように盛大にクリスマスを祝わないので、こちらで本格的なクリスマスを体験することができとても嬉しく感じました。また、こちらでは日本と違いお正月よりクリスマスのほうが大きなイベントなので、こちらのお正月はあっさりとした感じでした。休みの期間中に様々なイベントを楽しみ、とてもよい経験ができたと思います。

最初は長いと感じていた1か月のbreakも残すところあと1週間となってしまいました。来週からは本格的に授業が始まります。前回のセッションでは、自分から発言したり行動したりすることができておらず、とても後悔しました。私のカナダでの生活も残り3か月なので、悔いの残らないように様々なことに自分から挑戦し、充実した留学生活をおくりたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る