筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

睫據)┷ さん (英語学科 )

祐誠高等学校(福岡)

たくさんの人の笑顔に包まれた素晴らしいクリスマスを過ごせました。
Dec . 2012
新年明けましておめでとうございます。本年度もどうぞよろしくお願いします。早いものであっという間に1セッション終わり、約一か月の冬休みも今週末で終わりを迎えます。この一か月は今までとはまた違う濃さの一か月でした。

セッション終わってすぐに約一週間ニューヨークに旅行に行ってきました。今までテレビや教科書、映画の中の世界と思っていて現実味を感じていなかった建物や芸術に一気に触れることができ、興奮続きの毎日でした。クリスマス前だったこともあり、街中イルミネーションや活気溢れた人々で賑わっており彼らからもとても刺激を受けました。多くの人々がお金を稼ぐために路上や地下鉄、時には車内でダンスや歌、演奏をしていて初めは少し戸惑いました。しかし、セントラルパークを訪れたとき、サックスを演奏しているおじさん、それを聞いてリズムに乗っている人々、また無意識に自分も音楽に乗っていることに気づき、“今ここに音楽がなかったらきっともっと寂しい空間になっていたはず”と思い、自分の好きなことをして、またそれを聞いた人の心までも豊かにしてそれでお金を稼ぐことが許される環境、ニューヨークに今まで以上に魅力を感じました。博物館や数々の名所で働く警備員の人たちも、日本では想像できないほど気さくでとてもフレンドリーな人ばかりで“自由の国、アメリカ”といわれる意味を現地の様々な方と触れることで理解しました。

クリスマスウィークは、ホストファミリーと一緒にケベックで親戚も集まって過ごしました。海外のクリスマスが凄いことは想像していましたが、こんなに凄いとは想像もしていなくて本当に感動しました。クリスマスツリーは本物のモミの木で、絵本の世界のようにモミの木の下にはたくさんのクリスマスプレゼントが置いてあり、ホストブラザー、シスター達と興奮したことは言うまでもありません。また、私もクリスマスプレゼントをもらえて本当に嬉しかったです。というのも、私が普段会話していて何が必要か、何が好きかなど覚えていてくれて、本当に必要なものをプレゼントしてくれたからです。私はゲストではない、家族の一員、というのを身に染みて感じ幸せいっぱいでした。私があげたプレゼントも皆とても気に入ってくれて、たくさんの人の笑顔に包まれた素晴らしいクリスマスを過ごせました。

クリスマス後に、ホストファミリーとは別にケベック観光をしました。初めて知らない人と同じ部屋で寝泊まりするホステルを経験し、初めは少し不安だったのですが、自分と同じように旅行が好きで色んな所を一人で旅している若者や、年配の方がたくさんいてそこで素晴らしい友達にたくさん出会いました。彼らと将来の話をしたり、今何を勉強しているか話したりすることは本当に自分のモチベーションを上げるものばかりで、改めて人との出会いの素晴らしさを感じた旅でした。

今月から新しいクラスでの授業が始まり本当に不安だらけですが、この3カ月で培ったものを無駄にしないよう全力で頑張ります。
4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
トップページへ戻る