筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

平川 愛弓 さん (英語学科 )

筑紫女学園高等学校(福岡)

今まで以上に色々なことにチャレンジし、勉強もしっかり頑張りたいと思います。
Dec . 2012
新年あけましておめでとうございます。長いように感じた一か月間のセッション・ブレイクもそろそろ終わるころになり、私の留学期間は残り三か月となりました。残りの三か月、悔いが残らないように一生懸命努力したいと思います。

こちらのクリスマスは豪華でした。子ども達は数えきれないほどのクリスマスプレゼントをサンタクロースや両親、親せき、友人からもらっていました。クリスマス・イブはホストマザーの親せきが家に来て、家族パーティーをしました。それに比べて新年は日本のお正月とは大きく違い、家族は別々に過ごしていました。子ども達はおじいちゃんの家に預けられ、家でニューイヤーパーティーを開いて、わいわい楽しんでいました。私は日本のお正月をしようとアジアンショップをまわり、色々と探しました。お蕎麦は手に入ったのですが、お餅が手に入らなかったのは残念でした。

このセッション・ブレイクは一か月ありましたが、特に遠方に旅行することもなく過ごしていました。ホストシスターたちも冬休みなので一日中家にいることが多く、彼女たちから言葉や遊びを教えてもらっています。子ども達と映画を一緒に見たり、ゲームをしたり、基本的に家でまったりと休日を楽しんでいます。外は極寒で、外に出るには重々に厚着をしています。つい先日雪がたくさん降り、どこもかしこも雪に覆われています。カナダの雪は私の想像していた雪とは大きく違い、サラサラしています。雪がたくさんあるのに、この雪の性質の為雪だるまが上手く作れません。雪の上を歩いているのに、砂場の砂の上を歩いているみたいに感じます。雪が積もってからは雪すべりなどもしています。

前のセッションが終わってから、カナダで知り合った友人たちが自国へと帰っています。先日、授業内外でよくしてくれていた友人がキングストンを旅立ってしまい、とても寂しく感じています。私も残り三か月なので、荷物を少しずつ減らして帰る準備をしなければなりません。

休みも残り一週間を切ってしまいました。次のセッションはとても生徒数が少ないという噂を聞いています。前セッションは生徒が多く、特に日本人が百人以上いて帰国子女の子や留学経験のある子たちもいて、みんなに色々と助けてもらいました。しかし、次のセッションは日本人がとても少ないので、前セッション以上に努力をしなければとしみじみ感じています。新しい友人がたくさんできるよう、今まで以上に色々なことにチャレンジし、勉強もしっかり頑張りたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る