筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

睫據)┷ さん (英語学科 )

祐誠高等学校(福岡)

Kingstonの人々の温かさを実感しました。
Nov . 2012
早いもので、あっという間に3カ月が過ぎました。相変わらず毎日勉強やアクティビティに追われて忙しい毎日を送っています。11月に入ってNovelやPresentationやDiscussionの量が増えると同時に宿題の量も増えました。Novelは比較的読みやすい文法のものを先生が選んでいるので、読みにくいとはあまり感じません。ただNovelを読んだ後に、登場人物がどのように主人公に影響を与えているか、どの場面やどんなフレーズが読者の中で影響を及ぼしているかなどを、グループワークをする中で話し合って、パラグラフでまとめたりするのは少し大変でしたが、小説を読む中でどんなことに観点を置いたらより小説の内容を理解できるか気づけたのでよかったです。

DiscussionではSaudiの宗教思想についてよく議論しました。彼らは本当に信仰心が強いです。私のクラスにはSaudiの男の子でほぼ毎日遅刻するしすごく楽天的な生徒がいるのですが、彼がイスラム教について真剣に話したときはクラスの日本人皆が驚きました。またSaudiでは一夫多妻制が認められていて、それについてどう思うか議論したときもとても興味深く勉強になりました。私と同い年のSaudiの女の子は既に結婚しているので、もしパートナーが他に妻を持っていたらどうする?と質問したらとても怒っていて、絶対許さないと言っていました。公では認められている制度でも、やはり女性からすると受け入れがたいことであり、色々な矛盾を感じました。Discussionでは聞き取り、会話、語彙力など色んな力が鍛えられるのでとても好きです。

日常生活では、初めて風邪をひいて病院に行きました。いつもは言葉が通じることがどれだけ幸せなことか感じていましたが、今回は風邪で声が出なかったので自分の症状を伝えるのにとても苦労しました。病院は無料で診断してくれますが、2時間ぐらい待たされたのでけっこうきつかったです。

アクティビティでは、Santa Paradeに参加しました。名前の通り、パレードですのでKingston Centreというところからダウンタウンまで結構長い道のりをQSOEの皆で行進しました。Kingstonの人々にとってもとても大きな行事だったようで、大通りには予想以上に大勢の人が集まっていて、まるでディズニーランドのパレードのようでした。みんな私たちに手を振ってメリークリスマス!ハッピーホリデイ!とハイタッチまで求めてきてくれて、改めてKingstonの人々の温かさを実感しました。

また、Variety Nightというアクティビティにも参加しました。私を含め4人でコーラス、1人がギターを弾いてONE DIRECTIONの“One Thing”という歌を歌いました。人前で歌うのはとても久しぶりだったし、英語の歌は初めてだったのでどうなるか少し心配でしたが、前日まで風邪で声が出らず、当日やっと声が出た喜びで楽しく歌えました。みんな、英語を話すのが基本の中でさらに違うことに挑戦した結果を見れたVariety Nightでした。
5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
トップページへ戻る