筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

井上 紗希 さん (英語学科 )

新宮高等学校(福岡)

休暇にしかできない学習もしっかりやろうと思います。
Nov . 2012
数日前に秋のセッションが終わり、グラデュエーションパーティーがありました。振り返ってみると、この3か月あっという間でした。そして、多くの友達がそれぞれの国へ帰ったため別れを経験し、今は少し寂しいような気がします。この3か月振り返ってみると、本当に多くの経験をしました。私にとって初めての海外で、とても充実した時間を過ごすことができました。

まず勉強に関して、今まで経験したことのない壁にぶつかったと思います。来た当初は新鮮な環境にただただ楽しみながら授業を受けることができていました。半ば頃から、時々分からない場面や、理解できていない部分ができて混乱することがありました。しかし、先生や友達、ホストファミリーの助けもあり、乗り越えることができました。ここで学んだことは、分からないことは分からないとしっかり言うことだと思いました。妥協せずに最後までやることが、とても重要だということが分かりました。また、この1セッションの間、英語でネイティブの人と話す機会をできるだけ作り、様々なことに積極的に参加するように心がけるようにしていました。そのおかげもあって、来た当初から比較するとスピーキング力はあがったと感じています。グラデュエーションパーティーでは、スチューデントアチーブメントアワードという、クラスで一人表彰される賞をもらうことができました。自分の努力を認めてもらえた気がして、とても嬉しかったです。次のセッションも、積極的に様々なことに取り組んでいきたいです。そして、次のクラスは今までとは変わってとても厳しい環境になると聞いています。今苦手に思っているリスニングを克服できるように、しっかりと学習したいと思います。1セッション勉強してみて、大きく感じたことが文法の学習法の違いです。日本では正しい使い方に重視しながら、こちらでは意味に重点をおいているように感じました。そういった文法もさらに力をつけたいと思います。

また、文化についても多くのことを学んだと思います。クラスの外国の友達は自分の専攻している分野はもちろん、それだけではなく様々なことに対しての知識がとても豊富だと思いました。大学生の勉強に対する意識の違いもとても感じました。生活面では、何気ない知らない人との会話などの一つ一つが、とても温かいと思いました。日本では話すこともない様な場面でも、ちょっとした挨拶のある英語と、カナダの文化が本当に好きになりました。残りの4か月、日本と他国のそれぞれの特徴をさらに感じ取りたいと思います。

今から1か月、セッションの間の休暇に入ります。カナダでしか経験できない北米のクリスマスや、お正月を思いっきり楽しみたいと思います。英語力も落とさないように、休暇にしかできない学習もしっかりやろうと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る