筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

谷崎 佑希 さん (英語学科 )

八代高等学校(熊本)

Fall sessionが終わりました!!
Nov . 2012
11月も終わり、こちらでは寒さが厳しくなってきました。あと1か月ほどでクリスマスということで、多くの家庭がユニークなクリスマスデコレーションを施し、夜になると美しいイルミネーションを楽しむことができます。先日はファミリーとクリスマスツリーの飾りつけをしました。マザーがひとつひとつのオーナメントに込められている意味や、クリスマスの思い出を話してくれ、とても楽しい時間を過ごすことができました。

この1か月はセッションの終わりということもあり、課題やエッセイ、テストに追われ、毎日が多忙でした。特にエッセイはとても大変でした。私は大学卒業後、英語を生かしたサービス業に就きたいと考えているので、カナダと日本の電車のサービスの違いについてのエッセイを書きました。エッセイを書き進めていく中で、カナダのサービスは日本に比べて優れているということがわかり、日本ももっと多くのサービスを取り入れるべきだと感じました。エッセイを英語で書くのは初めてだったので戸惑うことも多かったのですが、先生や友人にサポートしてもらいながら、なんとか仕上げることができました。エッセイの書き方や自分のテーマについての専門知識など多くのことを知ることができ、とてもよい機会だったと思います。

先日は、final markを受け取り、今セッションの反省や今後のことを先生と話す機会がありました。今回の成績は前回よりも良くなっていたものの、満足できる結果ではなかったので、次のセッションはさらに頑張らなければいけないと感じました。また、このbreak期間の過ごし方がとても大事だと言われたので、リラックスするだけではなく自分の弱点を克服するために有効に時間を使いたいと思います。

話は変わりますが、11月22日にホストマザーの赤ちゃんが産まれました!出産の数日後、さっそくマザーと赤ちゃんに会いに病院に行きました。マザーが赤ちゃんを幸せそうに抱いている姿を見た時、とても感動し涙が出そうになりました。このような時期にファミリーと過ごせた私はとても幸せだし、いい経験ができたと思いました。子育てはとても大変そうですが、家族が1人増えさらに賑やかになり、毎日がとても楽しいです。これからもいろんなことをファミリーと共有していけたらいいと思いました。

12月に入りgraduation ceremonyが行われました。これまで経験したたくさんのことを振り返り、とても充実したセッションだったと思うと同時に、友人との別れをとても寂しく感じました。多くの素晴らしい友人に出会えたことにとても感謝しています。これからは寂しくなりますが、離れていてもお互いに刺激しあいながら頑張っていけたらいいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る