筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

池田 幸恵 さん (英語学科 )

三養基高等学校(佐賀)

自分の目標を見失わずに頑張っていきます。
Oct . 2012
キングストンに来てから、もう2ヶ月が過ぎようとしています。こちらの気温はがらりと変わってしまい、最低気温がマイナスなのは当たり前になってしまいました。ホストマザー曰く、去年の冬はあまり寒くなかったけれど、今年の冬はものすごく寒くなるらしいです。今日はほんのわずかでしたが、今年初めて雪が降りました。私は今の時点でさえ寒いと感じるので、もっと寒くなることが想像できません。冬に備えていろいろともっと準備しなくてはと考えているところです。

10月に入ってからはスクールとリップでトロントとナイアガラの滝に行ってきました。私のイメージでは、ナイアガラの滝はもっと山奥にあるのかと思っていましたが、意外と街中にあったのでとても驚きました。ナイアガラの滝はものすごく大きくて、すごく圧倒されました。トロントではCN タワーというところにのぼりました。トロントはキングストンと比べるととても都会だったので、新鮮な感じがしました。そしてもっとカナダの名所に行ってみたいなと思いました。10月の4週目はブレイクウィークといって、一週間学校が休みだったので、私の友達はNYやワシントンに行ったり、中にはオーロラを見に行った人もいました。私はどこにも行かないことにしていたので、残っている友達と出かけたり課題をしたりと充実した一週間を送っていました。そして、31日は私も一番楽しみにしていたハロウィンパーティがありました。みんなそれぞれ個性的な衣装を着ていたので、見ていて飽きませんでした。一番びっくりしたのがバスの運転手さえも、とても手の込んだ衣装とメイクだったことです。日本では絶対無いことだと思ったので、とても新鮮な感じがしました。私は人生で初めて外国でのハロウィンに仮装して参加できたので、とても嬉しかったです。

先週は中間の成績をもらったのですが、自分の納得のいく結果ではなかったので、まだまだ自分の努力がたりないなと実感させられました。先生からは、Writing は上達してるし、あなたのgrammarはとてもよくできているし、提出物もきちんと提出できてるから、そこはあなたの良いところだから、後はもっと授業中にためらわず発言をするようにがんばりなさいと言われました。私も未だに時々発言することに対して躊躇っている自分がいるということに気がつきました。私は、こんな内気な自分を変えたいというのがこの留学のひとつの目標だったはずなのに、目標を見失いかけていた自分が情けないなと思いました。しかし、今ようやく気づけたので、きちんと気持ちを入れ替えて、間違えて当たり前なんだと考えて、もっと積極的に発言していこうと思いました。また、私のクラスは課題が多いので、授業が終わってから図書館に行くことが私の日課になりつつあります。休日も図書館に行ったりするのですが、土日であってもたくさんの生徒が図書館で勉強しているので、Queen's の生徒はすごく勉強熱心だなと感じます。それを見て私ももっと頑張らなくてはと毎回刺激を受けます。Fall Session も残り1ヶ月くらいとなってしまったので、残りの1ヵ月も悔いの残らないように一日一日大切に頑張っていきたいと思います。
6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
トップページへ戻る