筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

北京語言大学

Kr.F さん (アジア文化学科)

東明館高等学校(福岡)

最後の追い込みだと思いもっと頑張っていきたいと思います。
Oct . 2012
10月は連休から始まりました。連休中に一度、北京動物園の近くに買い物に行こうと思い出掛けましたが、行ってみると北京動物園に近い地下鉄の駅は、いつもと違い連休中は運行していないということで地下鉄が止まらず驚きました。この連休はこちらでとても大きな連休であり、中国各地の観光地が人で賑わっているため、私は大人しく過ごしていました。友達はこの連休を利用して秋の九寨溝の旅行を楽しんだそうです。私は連休を大人しく過ごした代わりに連休が終わったあと、南鑼鼓巷に遊びに行ってきました。朝のうちからお店を見て回り、チュロスのお店や有名な牛乳プリンのお店などで少し食べ歩きをしました。他にもたこ焼きのお店や、羊の串肉を出しているお店もありました。連休中ではないといえ、この場所も観光地のため、昼からは人がかなり多く食べ物のお店の前には特に行列が出来ており朝のうちに色々と見ていてよかったと思いました。

9月から始まった学期も今月はいくつかの科目で中間試験があり、緊張しました。試験の内容は主に口頭試験で、リスニングのクラスでは自分を含め三人のグループで題に沿った物語を作り、先生とクラスメイトの前で発表するというものでした。前日まで物語について話し合い、どうにか発表しました。とても見本になると感じたグループは、中国人の特徴なども真似して表現していており、とても面白かったです。もうひとつの口頭試験はビジネス口語の試験でした。こちらの試験は、二人一組になって先生の前で発表します。発表内容は、あらかじめ配られたプリントにある三つの題目の中から一つを先生の前でくじを選び答える形式です。三つすべての内容を用意しておかなければならないことと、別のリスニングの試験と日程が重なったため、本当に大変な思いをしました。どちらの試験もなんとか終わり、終わってみるとみんなで発表の練習をしたことなどとても楽しかったです。

11月と12月には資格試験があります。更に12月の最後と1月の初めは期末試験です。中間試験が終わり、だんだんと帰国の日程が迫ってきているような気がしますが、最後の追い込みだと思いもっと頑張っていきたいと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7
トップページへ戻る