筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

バンクーバー研修

今村 渚 さん (英語メディア学科)

久留米高等学校(福岡)

海外に行ったことで、日本のことをもっと知りたくなりました。
Oct . 2012
 私は高校の修学旅行でバンクーバーに滞在したことがありました。当時もホームステイをしたのですが、ほとんどホストファミリーと会話ができずに終わり、そのことがずっと心残りでした。また、大学入学時から海外研修に行きたいと思いながらも行動に移せず、就活を意識する頃になっていました。そんな中での今回の研修地はバンクーバー、そして就活についても考えるプログラムだったので、強く感じるものがあり研修に参加することを決めました。そして今、本当に参加して良かったと感じています。
 現地のインターナショナルスクールで、様々な国の人と英語で英語を学ぶことは刺激的でした。最初は周りの英語に圧倒されるばかりで話せませんでしたが、後半は自分から話せるようにもなりました。日本では何気なくしていたことが、言語が変わると必死になって伝える自分がいて、言葉が通じることに喜びを感じました。就活の面においては、事前・事後研修も含め、様々な企業の方や筑女の先輩方のお話を聞く機会や、英語で面接・プレゼンテーションなどしました。就活について考えたり学んだりするだけではなく、自分を見つめなおす機会になりました。ホームステイも楽しむことができ、ホストファミリーに出会えて良かったと思っています。
 研修を終え学んだことはたくさんあります。YES/NOで答える、感謝の気持ちは伝える、家族を大切にする、やりたいことはやる、「でも…、だけど…」は要らない、率先して行動する。3週間の研修では、この他にも多くの事を感じたので、今後の生活に生かして行きたいです。また海外に行ったことで、日本のことをもっと知りたくなりました。
トップページへ戻る