筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

安田 ふみ さん (英語メディア学科)

筑紫丘高等学校(福岡)

ここにいられることを感謝して一日一日を大切にしたいと考えています。
Sep . 2012
カナダに来てもうひと月になろうとしています。こちらの気候は日本と違って寒くて乾燥しているため、すでに長袖の防寒着が手放せません。なんとか周りが英語だけの環境にも慣れ、英語のジョークにも反応できるようになってきました。(まだ切り返せないですが)授業は英語の基礎を一から英語で、学習しています。最初はもっと文法用語について英語で学んでおくべきだと後悔していましたが、一つ一つ辞書で調べ理解するととてもわかりやすい授業で、先生が説明してあることがよくわかります。

授業は文法やreading中心のcoreクラスと、会話中心のspeaking, discussion,そしてlisteningを行うLabというクラスが開講されています。私が好きなのは自分の意見を述べるspeakingとdiscussionで、発言することが何より大事なので、日本では考えられないくらいに自分から発言することが増えました。クラスは14人で構成され、モーリタニア・サウジアラビア出身のクラスメイトが4人いますが、彼らは自分の意見を言うことに躊躇しないのでとてもためになります。物怖じしない性格を私も身につけられるように努力しています。

ホストマザーはとても活発で、週末ごとにドラゴンボートレースやカヤック、ハイキングなどいろいろなところに連れ出してくれています。友人を紹介してくれたり、とても美味しいバーベキューを振舞ってくれたりなど、私がカナダでの生活を楽しめるように色々と気を配ってくれます。マザーの友人は皆自分の意見をしっかり持っている人が多く、「何故カナダに来たのか」「学校を卒業して何がしたいのか」など、ストレートに質問をぶつけ、その上で自分なりの意見を語ってくれるため自分のことを見つめ直すいい機会になります。最近、改めて自分が何をしたいのかについて考えてみましたが、まだ答えは出そうにありません。日本に帰国するまでに自分なりの答えを見つけられたらいいと考えています。

カナダは写真に残したいものが多すぎて、どんどんメモリーが埋まってしまいます。このレポートに添付する写真もとても悩みましたが、自分の中のBest Shotだと思えるものにします。写真に残せないものもたくさんあるので、ここにいられることを感謝して一日一日を大切にしたいと考えています。
 
 
6 | 7 | 8 | 9 | 10
トップページへ戻る