筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

クィーンズ大学

池田 幸恵 さん (英語学科 )

三養基高等学校(佐賀)

毎日が刺激的であっという間の一か月でした。
Sep . 2012
もうカナダに来て一か月過ぎたと思うと、この一か月はとても速く感じました。私は特にホームシックになることもなく、毎日とても楽しく過ごしています。しかし、最初のころはカナダの気候に慣れることができず、風邪気味になったりしましたが、徐々に回復しました。また、Fall Sessionは先輩方から聞いていた通り、日本人の学生がとても多いため、私が想像していたものと違いましたが、そのことにめげずに頑張ろうと思いました。私のクラスはリビア人、サウジアラビア人、タイ人、台湾人、メキシコ人そして日本人という構成になっているので、他国の文化を学ぶにはとても良い環境だと思いました。先生もすごく親切で、マメな方なので、分からないところなどがあると分かるまで丁寧に教えて下さります。また、私は日本にいた時から、授業を全部英語で受けたいと思っていました。こちらではもちろん全て英語での授業なので、とても嬉しいです。私のクラスの先生は毎日の課題が多いため、私は朝早く起きて課題をしたり、遅くまで勉強したりしていますが、これも自分が選んだことだしこの環境で勉強できることがとても嬉しいので、日々頑張っています。

9月はスクールトリップが2回あったため、私はオタワとモントリオールに行っていきました。どちらとも日本では見られないような綺麗で歴史的な建物がたくさんあり、改めて私は外国にいるのだと実感しました。もっとたくさんの国に行ってみたいという気持ちが増々強くなりました。10月にはトロントのナイアガラの滝に行くのでとても楽しみです。また、毎年10月の第二月曜日はThanksgiving Day といってカナダの国民の休日となっていて、この日は食べ物が収穫できることに感謝してみんなで伝統的な食事をするのだそうです。今週の月曜日がその日にあたるので、その日がとても楽しみです。

また、昨日は家にマザーの友人の家族が来たため、マザーがフランスの伝統料理をふるまってくれました。私のステイ先はフレンチカナディアンのシングルのマザー一人とルームメイト一人なので、マザーの友人の子供と一緒にゲームをして遊べたことがとても楽しかったです。そして最後にその家族が「次は家に遊びにおいで。」と言ってくれたので、とても嬉しかったです。

こちらの人たちはとても気さくな方ばかりで、こっちまで心が温かくなります。しかし中には平気で道にゴミを捨てる人もいるみたいなので、道などが汚いなと思うことがよくあります。それに比べたら日本はまだ綺麗な方だったのかなと思いました。こちらに来て、日本に対して、日本にいたら考えないような方向から日本について考えたりすることが多くなったので、とてもおもしろいなと思っています。日本にいたら経験できないことを経験できるところが留学の良いところの一つだと思うので、勉強を頑張ることはもちろんですが、他にもたくさんの経験を積んで胸を張って日本に帰ることができるように、残りの留学生活をたくさんの人に感謝しながら楽しみたいと思います。
 
 
7 | 8 | 9 | 10 | 11
トップページへ戻る