筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

Na.O さん (英語学科 )

九州国際大学附属高等学校(福岡)

身の回りの環境が変わった月でした。
Apr . 2012
今月の4月1日からサマータイムが終わり、オーストラリアの夏も終わりを告げようとしています。気温もやはり夏に比べたら朝夕は肌寒くなってきて、服装での体温調節をしないといけないようになりました。もうすぐ自分にとって1年ぶりの冬がやってきます。

4月はまた、身の回りの環境が変わった月でした。まずは月の初めの時差変更で日本との時差が少しだけ縮まったことです。そして、学校に日本の大学から交換留学生としてたくさんの日本人が来ました。その前までは日本人はかなり少なく、その状況に慣れていたので学校で他の人が話す日本語を聞くとすごく変な感じがします。仲良くしたいけれど、日本語ばかりになるのは嫌なので積極的に英語で話しかけていき、お互いの英語力向上につなげていきたいです。

イースターの日にはOlympic ParkでEaster showがあっていたので行ってきました。そこではたくさんのアトラクションやパレード、competitionなどが行われており、すごく楽しい1日を過ごすことができました。きこりの人達による丸太早切り競争にはかなり圧倒させられました。夜には音楽と光に合わせた花火が上がり、とても綺麗でした。日本の花火といえばだいたいのものは花火がメインだけど、こちらの花火は音楽や光に合わせたものが多く、見ていてすごく楽しめます。

そして、他に変わったことは、Final examが終わり、これまでやってきたEAP3というコースもついに終わりを告げました。今思うとこのコースではたくさんのassignmentがあり、内容もかなりacademicで毎日何かの提出期限に追われていて一瞬で終わったような気がしたけれど、その分たくさんのものを学べたと思います。このコースでpassできた人はみんな大学に行くので、これまでずっと一緒のクラスだった友達とも会う機会が減るのだと考えるととても寂しいです。けれど今、また新しいクラスが始まり、このクラスが終わると全てのコースが終わるので、今一緒にいる人たちとの時間を大切にしていきたいです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8
トップページへ戻る