筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

北京語言大学

Kr.F さん (アジア文化学科)

東明館高等学校(福岡)

先生の説明している中国語がわかるようになりました。
Apr . 2012
今月は中間試験がありました。授業は、最初はついていけるか心配になるほど説明している先生の中国語がわかりませんでしたが、だんだんと授業がすすむにつれて先生の説明している中国語がわかるようになりました。ただ、最初はゆっくりと進んでいた授業は試験期間が近づくにつれて授業速度がはやくなり、宿題も増えて大変になりました。教科書が2冊終わった時点で、スピーキング、文法、リスニング、読解の4科目の中間試験が行われ、本当にきつかったです。私は試験前に風邪を引いてしまったのでこの試験期間前と試験期間中はさらに辛い思いをしました。

試験が近づくにつれて、カフェや食堂で学習する生徒が目立つようになりました。私もクラスメイトと週末に時間を合わせて、一緒に勉強をしました。スピーキング、リスニング、読解の授業は同じ先生が担当しています。先生は最初読解の試験しかしないと言っていたのでクラスメイトと安心していましたが、翌週が試験であるという日になり突然スピーキングの試験をすると言われ、急いでスピーチ内容を書きました。スピーキングの試験は、お題が出されその中から一つ選びクラスメイトの前で発表するという形でした。私はスピーキングのお題に「私の友達」という題を選び一番仲の良いクラスメイトについて発表をしました。発表途中で詰まってしまったりもし、緊張し焦りましたがクラスメイト皆が応援してくれ、どうにか終わらせることが出来ました。スピーキングの試験は、クラスメイトの発表内容も面白く、とても勉強になりました。大変おもしろかったのは、文法の試験で一緒に勉強したクラスメイトとまったく同じ点数を取ったことです。先生も笑っていました。今は試験が無事終わり、心からほっとしています。

試験が終わるのを、待ち構えていたように4日間の連休が始まり、みんな様々な場所へ出かけています。クラスメイトは四川に旅行に行くと言っていたので写真を今から楽しみにしています。私は北京動物園に行ってきました。目的はもちろんパンダを見ることです。パンダは午前中に活発に動いているということだったので朝の8時から出かけて行きました。パンダが食事をしている風景は本当に愛らしかったです。驚いたのはやはり人の多さです。今は連休ということもあり、中国各地からたくさんの人が動物園に来ていました。北京動物園には様々な動物がおり、ホワイトタイガーも見ることが出来ました。初めて見る動物もたくさんおり、飼育数も動物園の規模もさすが中国の首都だと感じました。

この連休が終わると、新しい教科書の授業が始まります。今までより教科書が増え、文章も長くなり、さらに難しくなるので、期末試験が今から大変恐ろしいです。しかし、クラスメイトと一緒に勉強してどうにか無事に終わらせられるよう頑張りたいと思います。
5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10
トップページへ戻る