筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学

Fu.N さん (アジア文化学科)

鳥栖高等学校(佐賀)

留学生活2か月目を終えて
Apr . 2012
中国に留学して早くも2か月が経ちました。天気も次第に暖かくなり、最近はとても心地いい日が続いています。最近ご飯を食べすぎて少し太り気味なので、友達と散歩に行ったり、走ったりしています。大学の中もきれいな花でいっぱいです。ただ、天津は風がとても強く、乾燥しているため、先日髪を切りに行ってきました。中国で髪を切るのはとても勇気がいりましたが、安いのに美容師の方はとても親切で、仕上がりも満足のいくものでした。しかし中国語しか使えないので、何と言っているか聞き取れず、どのくらい切りたいかなど、友達に手伝ってもらって伝えることができました。また、中国で生活していると、いろいろな人との出会いがあります。そのため、最近は今までよりも積極的に外出するようにもなりました。

また、今月13日には留学生の運動会が開催されました。当日は雲ひとつない晴天で、とても暑かったです。それぞれクラス対抗で、綱引きや大なわ、5人6脚、リレーなど競技はさまざまです。クラスメイトにヨーロッパでは運動会がないと聞き、とても驚きました。日本のテレビ番組を見て今までずっと運動会に参加したかったそうです。私は大なわと5人6脚に出場しました。どちらも団体競技だったので、タイミングを合わせるのが難しく、お互いに知っている単語を並べながらなんとかコミュニケーションを取りました。その分競技はとても盛り上がり、今まで話す機会のなかった人とも友達になることができました。いろいろな国の人たちと参加する運動会は、日本の運動会とはまた違った面白さがあり、とても新鮮でした。この体験は中国に来なければできなかったものだし、語学力の向上のほかに、さまざまな体験を通して充実感を感じられるのは、本当にたくさんの人たちに支えられているからだなと実感するようになりました。

また、最近は日本に帰ってからこの留学経験をどのように生かせばよいかを考えたりもします。留学生活も残り半分を切りました。まだ中間ですが、本当にあっという間だったなと思います。残りの半分も今のようにすぐ過ぎてしまいそうで、今は少し焦りを感じています。折り返し地点に立った今、中国に来た意味を再認識し、自分の目標を再設定しようと思います。
1 | 2 | 3 | 4
トップページへ戻る