筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

西シドニー大学

Na.O さん (英語学科 )

九州国際大学附属高等学校(福岡)

時間が経つのは本当に早いです。
Mar . 2012
早いことにオーストラリアでの生活も半分以上を終え、残り4カ月を切りました。こちらでの生活はもう日常生活に問題はないくらいにまで慣れ、最近は日々の友達との会話の量も来たばかりの頃に比べたらだいぶ増えていることに気付きました。そう考えると時間が経つのは本当に早いということを知らされます。

3月3日、日本のひな祭りの日にオーストラリアではゲイのお祭りのmardi gras がありました。Cityにたくさんのゲイやレズビアンの人たちが仮装をして集まり、パレードが行われていました。日本ではまだゲイやレズビアンの人への偏見が強いけれど、オーストラリアでは割と前向きな考えを持たれていて、さすが多国籍国家だと思いました。後日、何人かの友達がmardi gras に行って偏見が少なくなったと聞いて、このお祭りは人の考えを変えていくための良い機会だと感じました。

そして、3月からはexperienceとしてuniの授業をひとつだけ取り、collegeに行きながらuniにも通えるようになりました。本当はマーケティングを取りたかったけれど、collegeの授業を受けながらマーケティングも学ぶのは難しいと言われたので、興味のあった中国語を取ることにしました。授業では、私たち日本人にとってあまり苦ではない漢字で苦戦している学生ばかりで、そんな人たちに意味を教えたり、書き方を教えたりして、すぐに友達を作ることができました。また、ここにはたくさんの中国人の友達もいるのでわからないところはすぐに聞けるので、この授業を取ってよかったと思います。

3月の終わりには一緒に大学から来ていた先輩が半年の留学を終え、日本にかえってしまいました。先輩や他に先に帰った友達が言っていたように、ここでの生活は本当に一瞬で、すぐに終わってしまうのだ、ということを考えさせられました。まだまだ自分の英語は成長しきれていないところがあり、そこはもっと成長させるべきなので、一日一日を大切にしていきたいです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
トップページへ戻る