筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

筑紫女学園大学 留学・研修現地レポート

トップページへ戻る

南開大学

Mik.N さん (アジア文化学科)

都城西高等学校(宮崎)

留学生活一ヶ月を終えて
Mar . 2012
中国に留学してもう1カ月がたちました。日本を出る時は不安でいっぱいでしたが、みんな元気に留学生活を送っています。私が一番心配していた食事ですが、想像していたより満足しています。学校の中には、食堂が何ヶ所もあったり、学校をでて少し歩けばケンタッキーや、マック、吉野家などの飲食店が並んでいたり、スーパーに行けば日本食に似たお菓子や、食べ物があるので、安心しました。中華料理も私はとても好きで、友達になった中国人の友達と鍋を食べに行きました。彼女は、それを日本でいう「しゃぶしゃぶ」であると教えてくれましたが、私が驚いたのは中に入れる具の種類と量の多さです。とてもたくさんの種類の具をふんだんに鍋の中に入れていきます。私は、最初中国に来て、現地の人々の食べる量の多さにびっくりしていましたが、今では、友達の方が驚くほどの量のご飯を完食するようになりました。

大学での授業ですが、2年間大学で勉強していたこともあって、最初は簡単と感じていましたが、どんどん難しくなってきており、毎日の予習と復習が欠かせません。授業は、少人数制のクラスと多人数制のクラスに分かれています。少人数制では、発音を主にやっていて、実際に声を出し中国語が学べています。多人数制では、少人数制で学んだことの文法について学んでいます。毎日授業の初めに単語の小テストが行われていて、必ず毎日宿題があります。クラスのみんなはとても仲がよく毎週金曜日の夜ご飯はみんなで食べに行っています。また、先日、韓国人と友達とサムギョプサルを食べに行きました。ご飯の食べ方でも文化の違いを感じました。夜に寮の友達と集まって自国のお菓子やご飯を持ち寄って話をしたり、勉強会を開いたりしています。言語以外での勉強も出来、とても多くの刺激を受けていると感じているところです。

休日には、中国人の方と交流会を行ったり、友達と天津散策にいったりしています。交流会では、スポットカフェという喫茶店に毎週通い、中国人と交流を持ち、お互いの文化を交換したり、授業で分からないところを確認したりしています。ここで、世界的に日本の漫画やアニメがとても有名であり、日本のことを知りたい中国人の方が多いということを知りました。どの中国人の方と話しても、ワンピース、ドラえもん、コナンなど、日本のアニメを知らない方はいません。私はあまり漫画やアニメを見ない方なので逆に教えてもらうほどです。

中国にきてちょうど一カ月たちましたが、ここには書ききれないほどの経験が出来、とても充実した留学生活をおくっています。最初はご飯を食べに行っても自分の中国語が通じないトラウマから話すことが苦痛になっていましたが、最近ではメニューの読み方を店員さんに聞いて教えてもらったり、タクシーの運転手さんに「私の発音あっている?」と聞いたりと少しずつ積極的に話せるようになりました。半年はあっという間に過ぎていくと思うので、1日1日を大切にしてより多くのことを吸収して日本に帰りたいと強く思っています。
 
 
1 | 2 | 3 | 4
トップページへ戻る